節約術

カフェインレス(デカフェ)が飲めるカフェチェーン13店を徹底比較

2022年12月13日

夜遅くもコーヒーを飲みながらカフェで作業したいけど、睡眠に影響が出るからカフェインを摂取したくないな。カフェインレス(デカフェ)対応のコーヒーチェーン店について知って、夜もバリバリ作業したい!
悩んでいる人

うぃる
今回はこうした悩みに答えます。

本記事の内容

  1. カフェインレス(デカフェ)が飲めるカフェチェーン店比較
  2. カフェインレス(デカフェ)のメリット

本記事の執筆者

この記事の信頼性

ウィル(@willblog13


この記事を書いている僕は、現在昼間はとある大企業でサラリーマン、朝と夜は副業でブロガーをやっています。
家に帰るとだらけてしまうので、夜はカフェとかで作業したい。けど、夜カフェインを摂取すると、眠れなくなる。

ということで、カフェインレスコーヒー(デカフェともいう)に対応しているカフェチェーン店をまとめてみました。

この記事を読めば、どこのカフェチェーン店がカフェインレスコーヒー(デカフェ)を提供してくれるかを知ることができ、夜遅くてもカフェで集中して作業することができますよ。

カフェインレスコーヒー(デカフェ)が飲めるカフェチェーン店はどこ?【13店比較】

カフェインレスコーヒー(デカフェ)が飲めるカフェチェーン店はどこ?【13店比較】

早速カフェインレスコーヒー(デカフェ)に対応しているカフェチェーン店について見ていきましょう。

今回は、過去記事【節約】カフェチェーン店のコーヒー最安値はどこ?【比較】で紹介した最安値カフェチェーンの13店をベースに比較していきます。比較条件は、コーヒー最小サイズで統一します。

結果がこちら。

店名カフェインレスコーヒー対応値段(最安値)Wi-Fi(◯:対応多、△:対応少)
ドトールコーヒーショップ224円
サンマルクカフェ-
カフェ・ベローチェ-
カフェ・ド・クリエ350円
エクセルシオールカフェ◯(HOTのみ)480円
プロント-
スターバックスコーヒー330円
タリーズコーヒー401円
コメダ珈琲460円
星乃珈琲店450円
上島珈琲店570円
珈琲館560円
GINZA ルノアール-

また、作業にはネット環境も必須。なので、Free Wi-Fiがあるのかも記載していきます。

※Free Wi-Fiありと書かれていても必ずしも全店舗あるわけではありません。詳しくは各公式ホームページをお調べください。

【節約】カフェチェーン店のコーヒー最安値はどこ?【比較】
【節約】カフェチェーン店のコーヒー最安値はどこ?【比較】

続きを見る

①ドトールコーヒーショップ

①ドトールコーヒーショップ

ドトールにはカフェインレスコーヒーはあるのですが、取り扱い店舗は限られています。
取り扱い店舗については、ドトールホームページの「店舗検索」にて、調べられます。

下記のように、カフェインレスのマークがついていたらOKです。

カフェインレスのマークがついていたらOKです。

②サンマルクカフェ

②サンマルクカフェ

サンマルクはカフェインレスコーヒー(デカフェ)はありませんでした。

なお、オレンジジュース(Sで390円)やゆず茶(Sで450円)はあるので、代わりにそれらを頼むしかないですね。

③カフェ・ベローチェ

③カフェ・ベローチェ

ベローチェもデカフェ非対応です。
代替案としてはルイボスティー。レギュラーサイズで300円です。

④カフェ・ド・クリエ

④カフェ・ド・クリエ

カフェ・ド・クリエはカフェインレスコーヒーに対応していました。
カフェインを97%カットしたコーヒーを楽しめます。

なお、店舗によっては取り扱いがない場合もあるので注意。

⑤エクセルシオールカフェ

⑤エクセルシオールカフェ

ドトールコーヒーの系列店でもあるエクセルシオールカフェはカフェインレスコーヒー対応です。

ただ、HOTでの取り扱いしかないのは残念なところ。また、お値段も少々高めです。

⑥プロント

⑥プロント

プロントもカフェインレスコーヒー(デカフェ)の対応はありません。
以前はあったようなのですが、なくなってしまったのかな?

代替案としては、グリーンルイボスフルーツティー(350円)や各種ジュース(400円~)などがあります。

⑦スターバックスコーヒー(スタバ)

⑦スターバックスコーヒー(スタバ)

  • スターバックスコーヒー(スタバ)
  • https://www.starbucks.co.jp/
  • ディカフェ スターバックス ラテ(Short):330円
  • Free Wi-Fi:あり

みんな大好きスタバ。
スタバはカフェインレス(デカフェ)に対応しており、そのメニューも豊富です。

主なデカフェメニュー

  • ディカフェ アメリカーノ(Short):350円
  • ディカフェ カプチーノ(Short):380円
  • ディカフェ モカ(Short):450円
  • ディカフェ スターバックス ラテ(Short):380円
  • ディカフェ キャラメル マキアート(Short):430円

⑧タリーズコーヒー

⑧タリーズコーヒー

  • TULLY’s COFFEE(タリーズコーヒー)
  • https://www.tullys.co.jp/
  • アイスコーヒー(short):335+66円=401円
  • Free Wi-Fi:あり

タリーズもカフェインレス(デカフェ)に対応しています。

なお、対応できるのは「デカフェエスプレッソ」を取り扱っている店舗のみで、通常価格+66円(税込)するとカフェインレスに変更することができます。

また、HOTで良いのなら、オーガニックデカフェコーヒー(465円)もありますよ。

⑨コメダ珈琲

⑨コメダ珈琲

コメダ珈琲もカフェインレスコーヒーに対応しています。

コメダ珈琲は2012年には公益財団法人日本生産性本部サービス産業生産性協議会による顧客満足度調査において「カフェ」部門の第1位を獲得しています。

⑩星乃珈琲店

⑩星乃珈琲店

星野珈琲店はカフェインレスコーヒーに対応しています。

ちなみに、通常のコーヒーの値段と同じです。ありがたい。

⑪上島珈琲店

⑪上島珈琲店

缶コーヒーでも有名なUCCが運営するカフェ。
上島珈琲店もカフェインレスに対応していましたが、カフェインレスのブラックコーヒーはないみたいですね。

下記の4種がカフェインレスとなっています。

カフェインレスメニュー

  • カフェインレスのミルク珈琲(黒糖)(R):600円
  • カフェインレスのミルク珈琲(無糖)(R):570円
  • カフェインレスのアイスミルク珈琲(黒糖)(R):670円
  • カフェインレスのアイスミルク珈琲(無糖)(R):590円

⑫珈琲館

⑫珈琲館

珈琲館もカフェインレスコーヒーに対応しています。

各店舗で一杯ずつコーヒーを淹れるため、品質の高いコーヒーを提供することで定評があります。

⑬ルノアール

⑬ルノアール

  • GINZA ルノアール
  • https://www.ginza-renoir.co.jp/
  • カフェインレスコーヒー:対応なし
  • Free Wi-Fi:あり(1日3時間無料で利用可能)

東京都・神奈川県・埼玉県を中心に店舗展開しているカフェチェーン店。

カフェインレスコーヒー(デカフェ)には対応していませんでした。

チェーン店でカフェインレス(デカフェ)を頼むメリット

チェーン店でカフェインレス(デカフェ)を頼むメリット

チェーン店でカフェインレス(デカフェ)を頼むメリットは以下の通り。

  • カフェインが体を受け付けない人も気軽にカフェに行ける
  • 夜遅くにコーヒーを飲んでも睡眠への影響が軽くなる
  • 気軽に夜カフェチェーン店に行きやすくなる

それぞれ解説していきます。

カフェインが体を受け付けない人も気軽にカフェに行ける

1つ目の利点が、カフェインを受け付けない人も気軽にカフェに行けることです。
「カフェインは苦手だけど、コーヒーは飲みたい」だとか「カフェインは摂取したくないけど、カフェの雰囲気を楽しみたい」という人にはぴったりです。

特に、妊娠中の方にも有効です。

妊娠をするとコーヒーを控えないといけないストレスを抱える人も多いですが、カフェインレスコーヒーならそのようなストレスを抱えることなく、コーヒーを楽しむことができますよ。

また、コーヒーを飲んだ後、カフェインの利尿作用により無性にトイレに行きたくなる人にもオススメです。

例えば、コーヒーが好きな長距離ドライバーの方とかはカフェインレスコーヒーが適していますね。

夜遅くにコーヒーを飲んでも睡眠への影響が軽くなる

2つ目の利点が、夜遅くコーヒーを飲んでも睡眠への影響が軽くなる、という点です。
カフェインを摂取すると、ノルアドレナリンによって興奮状態に陥り、寝付きが悪くなります。
寝る前にコーヒーでホッと一息つきたいときは、カフェインレスコーヒーを飲んでみるのがオススメです。

ちなみに、カフェインの効果は接種後8時間は続くそうなので、寝る時間が23時だとすると、15時以降はカフェインレスコーヒーを飲んだほうがいいですね。

気軽に夜カフェチェーン店に行きやすくなる

3つ目の利点が気軽に夜カフェチェーン店に行きやすくなるということ。

カフェインレスコーヒーなら寝付きへの影響が少なくなるので、気軽にカフェチェーン店に行くことができます。

やっぱり仕事終わりに資格勉強・読書・副業等をやりたいですよね。けど、カフェインは摂取したくない。

そういうときは今回紹介したカフェインレスコーヒーを提供しているカフェチェーン店に行ってみましょう。

カフェインレス(デカフェ)をチェーン店で頼めば、夜作業が捗る!

カフェインレス(デカフェ)をチェーン店で頼めば、夜作業が捗る!

  • カフェインレス(デカフェ)対応のチェーン店は9/13
  • カフェインレスは妊娠中の方にもオススメ
  • カフェインレスのおかげで夜遅くにもカフェチェーン店に行ける

いかがでしたか。

カフェチェーン店は格好の作業場です。
有効活用して、作業・勉強・読書を集中しましょう。
さらに安く済ましたい場合は下記の記事も参考にしてください。


それでは、また。

-節約術