【料金安すぎ】シンガポールでの交通手段を徹底解説!!【ポイントはアプリとカード】

旅行

初めてシンガポールに行く!という人向けです。

海外旅行での悩みの代表格として、「移動」「交通手段」が挙げられると思います。

シンガポールに行く際も例外なく、この点は心配になるのではないでしょうか。

しかし、シンガポールでは心配は無用です。

実は、シンガポールの交通手段は「2つ」だけおさえていれば良いからです。

これは、私自身も今年の春にシンガポールに初めて行った際に感じたことなので、信頼性はあります。

また、私自身現在大学院で交通関係の研究室に入っているので、特に詳しいです笑

今回は、シンガポールの主要な交通手段2つについてと、その他より快適に移動するためのオトクな情報を紹介します。

記事を読んでもらえれば、シンガポールでの移動について一切心配なくなります。

それでは、いってみましょう!


シンガポールの主要な交通手段は次の2つ!

    ・MRT
    ・タクシー

これさえおさえていれば中心部の移動は楽にできます。

MRT

MRTとはMass Rapid Transitの略で、日本でいうと地下鉄のことです。
ただし、シンガポールでは一部地上を走る部分もあります。

路線には以下の種類があります。簡単に説明します。

イースト・ウエスト・ライン(EW)・・・主にシティエリアと空港をつなぐ
ノース・サウス・ライン(NS)・・・主にマリーナ・ベイ、オーチャードなどの中心部の主要エリアを通る
ノース・イースト・ライン(NE)・・・チャイナタウン、リトル・インディア、クラーク・キーなどのエリアを通る
サークル・ライン(CC・CE)・・・ホーランド・ヴィレッジ、ハーバー・フロント、ドービー・ゴートなどを通る
ダウンタウン・ライン(DT)・・・空港近くとブギス、ブギ・ジャンパンをつなぐ

利用方法(基本的に日本と同じ)

1. きっぷを購入
※日本のSuicaやPASMOようにez-linkカードという交通系ICカードがあります(詳しくは後述します)。
2. 改札を通る
3. 行き先、ホームを確認して乗車
※各ラインが色分けされていたり、行き先や待ち時間などがモニターに表示されているのでわかりやすいです。

タクシー

シンガポールでは日本と比較して、タクシーが気軽に利用できます。
なぜなら、配車アプリが広く浸透しているのと、料金も日本の3分の1程度であるからです。
ちなみに、料金はメーター制なので、料金の交渉等がなく、チップも必要ありません。

利用方法(通常)

1. タクシー乗り場を見つけて乗車する
※あちこちにタクシー乗り場があるので、ご安心を。
2. メーターを確認
3. 料金を払い下車
※クレジットカードの場合は手数料10%が加算されます。

利用方法(Grab)

1. アプリで行き先を入力
2. 近くで来れるタクシーとマッチング
3. タクシーを待つ
※アプリ内で、今タクシーがどの位置にいるのか地図上で確認できます。
4. タクシーに乗車
※すでに行き先を指定しているため、運転手の会話は不要。めっちゃ楽。
5. メーターを確認
6. 料金を払い下車
※アプリで決済していれば5,6は不要。

↓アプリ画面はこんな感じです。

実は、そのほかにも交通手段は豊富にある!

    ・路線バス
    ・観光バス(シティ・サイトシーイング、SIAホップオンバス、ダックツアーズ)
    ・トライショー

路線バス

シンガポールを網羅しているため、ディープな場所に行く人にはおすすめです。
しかし、それでもタクシーを利用したほうが楽だし、料金もどっこいです。

利用方法

1. バス停を見つけてバスを止める
※バス停もあちこちに点在しているので、見つけるのは簡単だと思います。
2. 乗車、料金を払う
※運転手に行き先を伝え、料金を支払う
※ez-linkカード利用の場合は乗車時、下車時にそれぞれセンサーにタッチします。

観光バス

シティ・サイトシーイング、SIAホップオンバス、ダックツアーズなどといった観光バスがあり、どれも主要な観光エリアを回り、チケットさえあれば自由に乗り降りすることができます。

トライショー

自転車に座席を付けた観光用の乗り物です。私が行った際には見かけませんでしたが・・・。

便利なパス・カード

    ・ez-linkカード
    ・ツーリスト・カード

ez-linkカード

MRT、バス、一部のタクシーで利用できる交通系ICカードです。

利用方法は日本のSuica、PASMOと全く同じ。

カード購入時は、カード代としてS$5、運賃代としてS$7の合計S$12を払うこととなります。
MRTの駅やコンビニで購入可能です。

私も利用しましたが、これさえあれば何も心配いらないなという感じです。

ツーリスト・カード

MRTや一部バスが一日中乗り放題となるカードです。

1日券S$20、2日券S$26、3日券S$30があります。

主要なMRT駅やチャンギ国際空港にて購入することができます。

残念ながら、ez-linkカードがあったので、こちらは利用しませんでした。

まとめ

    ・MRTとタクシーを利用していれば心配無用!
    ・日本に比べて料金が安い!
    ・基本的にどの交通手段も日本と同じ利用方法!
    ・ez-linkカードを買えば、なお便利かつ楽!(思い出の品にもなります)
    ・町並みを楽しみたい人には、路線バスや観光バスもおすすめ!

どうでしたか?

この記事で、シンガポールの主要な移動手段は網羅できているかと思います。

移動に関しては日本と利用方法が同じな上に、日本(特に東京)より複雑でなく、料金が安いので、めちゃ観光しやすいです。

ぜひ上手に移動して効率よく観光してください!
それの一助になっていれば幸いです。

それでは、また。