本解説

【要約】「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」を解説【内容・レビュー・書評】

  • 睡眠の質を改善する朝の習慣とは
  • 睡眠の質を改善する夜の習慣とは
  • 「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」の内容についてざっくり知りたい

こうした悩みに答えます。

本記事の内容

  1. 睡眠の質を改善する朝の習慣
  2. 睡眠の質を改善する夜の習慣
  3. 睡眠のために最適化した時間帯別行動プラン

本記事では、「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」の要約について紹介します。

この記事を読めば、睡眠のための具体的な習慣・行動プランについて知ることができ、効率よく成果を出せるようになりますよ。

執筆者紹介

ウィル(@willblog13

年間300冊のペースで本を読むブロガーである私が、「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」の要約について書いていきます。


書籍「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」とは?著者はどんな人?

書籍「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」とは?著者はどんな人?

皆さん、<spanclass="huto">「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」という書籍をご存知でしょうか。

東京TMSクリニック院長である「田中奏多」さん著の本です。

今回は実際に「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」を読んだ自分が、書籍で特にためになった部分の紹介と、この書籍の魅力について解説していきます。

「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」著者紹介

著者紹介

  • 田中奏多
  • 東京TMSクリニック院長
  • ハーバード大学TMSコースを修了

「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」書籍紹介

書籍紹介

  • タイトル:眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法
  • 目次
  • あらゆる不調は睡眠から表れる
    いい睡眠がいい人生をつくる
    睡眠という投資
    究極の眠る投資(睡眠法・食事・運動・脳の使い方)


「眠る投資」によるおすすめの朝習慣

「眠る投資」によるおすすめの朝習慣

「眠る投資」がおすすめする朝の習慣は以下の通り。

  • 朝起きる時間を一定にする
  • 朝起きたら5分以上日光に当たる
  • 朝ごはんで体内時計のスイッチをいれる

朝起きる時間を一定にする

朝起きる時間を一定にしましょう。

なぜなら、体のリズムは整えると睡眠の質を向上するからです。

特に休日も平日のプラスマイナス1時間以内には起きるようにしましょう。

おすすめは休日の午前中に用事をつくること。

早く起きざるを得ない状況を作ってしまうのがポイントです。

朝起きたら5分以上日光に当たる

朝起きたら5分以上日光にあたるようにしましょう。

日光を浴びることで睡眠を司どるメラトニンが低下し、夜にしっかりと分泌されるようになるからです。

できれば、朝は日光で目を覚ますのがベスト。

難しい場合はとりあえず朝起きたらカーテンを全開して日光を浴びるでもOKです。

朝ごはんで体内時計のスイッチをいれる

朝ごはんは何かしら食べるようにしましょう。

朝ごはんはいわば体内時計のスイッチです。

朝ごはんを食べることによって体内は目覚めます。

がっつり取る必要はないので、できるだけ温かいものを何かしら口に入れるようにしましょう。

「眠る投資」によるおすすめの夜習慣

「眠る投資」によるおすすめの夜習慣

「眠る投資」がおすすめする夜の習慣が以下の通り。

  • 寝る2時間前に風呂に入る
  • 気になることは紙に書き出す
  • 寝れない状態のままベッドの中にいない

寝る2時間前に風呂に入る

最高の睡眠を得るためには寝る2時間前に入浴しましょう。

なぜなら、入浴後1〜2時間後に熱放散が起きて深部体温が下がりやすくなり良い睡眠を得られるからです。

また、強い光は睡眠を司るメラトニンを低下させるので、浴室の電気を消しとくのもおすすめです。

気になることは紙に書き出す

寝る前に気になることは紙に書き出す習慣をつけましょう。

例えば、悩み事、心配事、嫌なことなど。これらをベッドに持ち込むと不眠につながってしまいます。

明日に向けてしっかりとマインドセットすることが重要なので、仕事から心理的・物理的に距離を置く心がけをしましょう。

寝れない状態のままベッドの中にいない

不眠症を治したければ寝れない状態のままベッドにいないようにしましょう。

眠れないままベッドにいると脳が「ここは寝る場所じゃない」と錯覚するからです。

そして、余計に不眠になります。

なので、眠れない場合はベッドから出て読書などして自然と眠気がくるのを待つのが得策。

睡眠のために最適化した時間帯別行動プラン

睡眠のために最適化した時間帯別行動プラン

起床後 太陽の光を浴びる、朝食をとる 体を目覚ます時間帯
起床2時間後 大事な決断をする 最も頭がクリアな時間帯
起床4時間後 最も集中しなければならない仕事 一番頭が冴える時間帯
お昼時 昼食、昼寝 休憩する時間帯
起床後8時間後 メール処理など単純作業 単純作業が向いている時間帯
起床後10~11時間後 暗記物などを行う 体温が最も高まり、記憶力が高まる時間帯
寝る2時間前 入浴、電子機器をオフにする リラックスして入眠の準備をする時間帯

時間帯によって脳のコンディションが変わるため、それに合わせて作業内容を決めるのがおすすめです。

上記を参考にマイルールを決めてそのとおり行動してみましょう。

「「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」を解説」のまとめ

「「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」を解説」のまとめ

まとめ

  • 起床後はとりあえず太陽光浴びて朝食をとる
  • 寝る前は入浴して、そして、電子機器をオフにしてリラックスする
  • 時間帯によってやるべき作業内容を使い分け、効率よく成果を出そう

TODOリスト

  • 自分なりの1日の作業スケジュールを考えてみる
  • 「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」を買って読んでみる
  • 「眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法」をkindle unlimitedで読んでみる

いかがでしたか。

忙しいビジネスパーソンが効率よく成果を出すためには睡眠に投資する必要がありますね。

本書は具体的な行動プランがたくさん掲載されているので睡眠法の本の中でもかなり読みやすいと思います。

ぜひ本書を手にとって睡眠法の極意を学んでみてください。

それでは、また。


-本解説

© 2021 WiLLBLOG Powered by AFFINGER5