本解説

「寝る前30分を変えなさい」を要約した結果とは・・・?【要約・感想・書評】

  • 寝る前30分は何をするのが正解なんだろう?
  • 効率よく学習したり成果を出す方法を知りたい
  • 「寝る前30分を変えなさい」の内容についてざっくり知りたい

こうした悩みに答えます。

本記事の内容

  1. 寝る前30分をどう変えるべきなのか
  2. 寝る前30分を変えたら朝30分も変えよう
  3. 時間帯別おすすめの作業内容のまとめ

本記事では、「寝る前30分を変えなさい」の要約について紹介します。

この記事を読めば、寝る前に習慣化すべきことを知ることができ、効率よく学習したり成果を出せるようになりますよ。

執筆者紹介

ウィル(@willblog13

年間300冊のペースで本を読むブロガーである私が、「寝る前30分を変えなさい」の要約について書いていきます。

書籍「寝る前30分を変えなさい」とは?著者はどんな人?

書籍「寝る前30分を変えなさい」とは?著者はどんな人?
皆さん、「寝る前30分を変えなさい」という書籍をご存知でしょうか。

資格コンサルタントである「高島徹治」さん著の本です。

今回は実際に「寝る前30分を変えなさい」を読んだ自分が、書籍で特にためになった部分の紹介と、この書籍の魅力について解説していきます。


「寝る前30分を変えなさい」著者紹介

著者紹介

  • 高島徹治
  • 資格コンサルタント
  • 合格資格数91(当書籍執筆時)

「寝る前30分を変えなさい」書籍紹介

書籍紹介

    • タイトル:「寝る前30分」を変えなさい
    • 構成
    • はじめに
      第1章:あなたの「時間」は間違っている!
      第2章:なぜ「寝る前30分」を変えるのか?
      第3章:できる人の「寝る前30分」仕事術
      第4章:夢がかなう究極の快眠法
      第5章:「寝る前30分」から「朝30分」へ
      おわりに


「寝る前30分」のおすすめ習慣

「寝る前30分」のおすすめ習慣

「寝る前30分」のおすすめ習慣は以下の通り。

  • 寝る前30分に全体像をつかむ読書をする
  • 寝る前に一言日記をつける
  • 日常と寝室は分ける

寝る前30分に全体像をつかむ読書をする

寝る前に30分だけ全体像をつかむ読書をしましょう。

このとき熟読、精読する必要はありません。

なぜなら、じっくりと読むのは次に日朝起きてから行うから(後述します)。
本の全体を見て「ほーん、だいたいこんな事が書いてあるのね」程度に把握できればOKです。

寝る前に一言日記をつける

寝る前の習慣としておすすめなのが「一言日記をつける」ということ。

なぜなら、ネガティブな気持ちを抱えたまま寝るとその感情が記憶に残ったり、睡眠の邪魔をするからです。

それよりは日記に「今日良かったこと」などポジティブな感情を書き出すことで良い眠りにつけます。

日常と寝室は分ける

睡眠の質をあげるには日常空間と寝室を分けるようにしましょう。

特に仕事やネガティブな情報を寝室に入れないようにするのがベスト。

寝る前にはその日の出来事や感情をリセットしたほうがぐっすりと眠れます。

また、ベッド=神聖な場所として扱うくらいがいいでしょう。

朝30分を有効活用する習慣

朝30分を有効活用する習慣

朝30分を有効活用する習慣は以下の通り。

  • 朝30分だけ集中する時間を作る
  • 光を使って起きる
  • 太陽の光を浴びる

朝30分だけ集中する時間を作る

朝30分だけ集中する時間を作りましょう。

このときにやるべきことは「前日の寝る前30分にやったことの復習」です。

特に寝る前30分の間に全体像を掴む読書をしているはずなので、この時間に気になった部分を深読みするのがおすすめ。

つまり、「寝る前30分に種を撒き、翌日の朝30分で収穫する」という意識が大事ということです。

光を使って起きる

できるだけ目覚まし時計などではなく、光を使って起きるようにしましょう。

なぜなら、人間の体内時計の性質を使えば自然と目覚めるからです。

例えば、カーテンを開けっ放しで寝て太陽の光で起きるのがベスト。

その他にも起床時間にライトを顔に当てるでも良いでしょう。

太陽の光を浴びる

朝には太陽の光を意識的に浴びるようにしましょう。

なぜなら、太陽の光を浴びることによって、人間の体内時計がリセットされるからです。

また、朝に太陽の光を浴びることによって、夜に正常にメラトニンが分泌するため、ぐっすり眠れるようになります。

時間帯別おすすめの作業内容をまとめました

時間帯別おすすめの作業内容をまとめました

  • 就寝前:情報収集、読書
  • 起床後:前日の復習
  • 午前:デスクワーク、クリエイティブワーク
  • 午後:面会、雑務
  • 夜:読書、娯楽、ネットでの情報収集

就寝前と起床後は前段で述べたとおり、「前日に種をまいて翌日に収穫する」という意識が重要です。

また、その他にも時間帯によっておすすめの作業内容があります。

まず午前中はもっとも脳のパフォーマンスが良い時間帯なので、この時間にデスクワークやクリエイティブワーク、重要な会議をするなど、頭を使う仕事を心がけましょう。

一方で、午後は脳のパフォーマンスが落ちるので、面会や雑務などで埋めるようにしましょう。

仮に午後に重要な仕事をする必要がある場合は、昼寝をするのも有効。

昼寝をすると午後から夜いかけて記憶力がアップするのでおすすめです。

以上のように、時間帯によってやるべきことを使い分け、効率的に成果をあげていきましょう!

「「寝る前30分を変えなさい」を要約した結果とは・・・?」のまとめ

「「寝る前30分を変えなさい」を要約した結果とは・・・?」のまとめ

まとめ

  • 寝る前30分は種を蒔く時間
  • 朝起きてから30分は収穫する時間
  • 時間帯によってやるべきタスクを使い分け、効率よく成果を出そう

TODOリスト

  • 寝る前に読書を習慣づけてみる
  • 「「寝る前30分」を変えなさい」を買って読んでみる
  • 「「寝る前30分」を変えなさい」をkindle unlimitedで読んでみる

いかがでしたか。

寝る前と起床後の習慣を変えれば、効率よく成果を出せるようになります。

一人ひとりに与えられている時間は有限ですから短時間で成果を出せるような習慣づくりは大切ですね。

ぜひ本書を手にとってその習慣づくりの極意を学んでみてください。

また買わなくてもkindle unlimitedに加入しても読めます(個人的にはこっちのほうが安上がりでおすすめ)。

それでは、また。

kindle unlimited無料体験で「寝る前30分を変えなさい」を読んでみる


-本解説

© 2021 WiLLBLOG Powered by AFFINGER5