本解説

「言葉ダイエット」のやり方を徹底解説【内容・感想・書評】

昨日メールや企画書の文章が長い!って上司に怒られてしまいました。
たろう
ウィル
そうだな。ビジネス文章は長ければ良いもんじゃないからな。
でも文章のどの部分を削れば良いのかわからないです。
たろう
ウィル
わかった!そういうときは「言葉ダイエット」がいいぞ。
  • メールや企画書が長文になってしまう
  • TwitterなどのSNSでコンパクトにわかりやすい文章を書きたい
  • kindle unlimitedでこの本を見つけたけど、読む前にざっと内容だけ把握したい

こうした悩みに答えます。

本記事の内容

  1. なぜビジネス文章で読みにくい文章を書いてしまうのか
  2. 「言葉ダイエット」で意識すること
  3. シーン別の「言葉ダイエット」

本記事では、人気書籍「言葉ダイエット」の内容について解説していきます。

この記事を読めば、言葉ダイエットのやり方を知ることができ、
読みやすいビジネス文章を書けるようになりますよ。

執筆者紹介

ウィル(@willblog13

年間300冊のペースで本を読むブロガーである私が、人気書籍「言葉ダイエット」の内容について解説していきます。



書籍「言葉ダイエット」とは?著者はどんな人?

書籍「言葉ダイエット」とは?著者はどんな人?

「言葉ダイエット」って誰が書いたんですか?
たろう
ウィル
電通のコピーライターの橋口幸生さんだ。つまり、文章のプロが書いてるから説得力が違うな。

皆さん、「言葉ダイエット」という書籍をご存知でしょうか。

電通のコピーライターとして今話題の「橋口幸生」さん著の文章術の本です。

いわゆる文章のプロですから、この本の信頼度は完璧ですね。

そこで、実際に「言葉ダイエット」を読んだ自分が、簡単な書籍の内容紹介と、この書籍の魅力について解説していきます。

「言葉ダイエット」著者紹介

ウィル
橋口幸生さんは異例の経歴を持っていて面白いな

著者紹介

  • 橋口幸生
  • 電通コピーライター
  • 電通ナカノヒト代表
  • Twitterフォロワー1.5万人(2021/04/29時点)
  • 広告コピーやビジネス文章について発信

「言葉ダイエット」書籍紹介

ウィル
現段階でkindle unlimitedにあるぞ。「言葉ダイエット」を読むためにkindle unlimitedに加入するのもアリだな。

書籍紹介

    • タイトル:言葉ダイエット
    • 副題:メール、企画書、就職活動が変わる最強の文章術
    • 構成:

第1章:なぜあなたのメールや企画書、エントリーシートは読みにくいのか?
第2章:言葉ダイエットで、短く書こう
第3章:言葉ダイエットを、実際にやってみよう
第4章:読みたくなる文章の書き方
第5章:言葉ダイエット実例「読みやすいとは、こういうことだ」


「言葉ダイエット」のやり方を徹底解説

「言葉ダイエット」のやり方を徹底解説

「言葉ダイエット」ってことは文章中の言葉を削っていくってことですか?
たろう
ウィル
そのとおりだ!ビジネス文章はついだらだら書きがちだからな。不要な部分を削る必要があるんだ。

ここでは「言葉ダイエット」のやり方を解説していきます。

と、その前になぜビジネス文章が読みにくくなってしまうのか、知っておきましょう。

なぜ読みにくい文章を書いてしまうのか

ウィル
難しい文章=下手な文章ってことだな

なぜ読みにくい文章を書いてしまうのか。

それは以下の原因があるからです。

  • 読んでもらえる前提でいるから
  • 目上の人に失礼のないように気を使いすぎているから
  • 専門用語を使いたくなるから

真面目で能力が高いからこそ、文章を書く際にいろいろ気を使いすぎて、余計な言葉を入れてしまうってことですね。

また、読みにくい文章には上記のような特徴があります。

読みにくい文章の特徴

  • 遠回し
  • 小難しい
  • カタカナだらけ
  • 書きすぎ

ついついやってしまっているとドキッとした人もいるのでは?

逆に言えば、これら取り除くだけで、文章は一気に読みやすくなります。

それが「言葉ダイエット」です。

文章中から余計な言葉を消すのが「言葉ダイエット」

「言葉ダイエット」で意識すること

早速言葉ダイエットについて教えてください!
たろう
ウィル
よし、早速意識すべきことを紹介するぞ。
  • 1つの文には1つの内容だけ
  • 1文は40~60文字以内
  • 抽象的な表現禁止(修飾語、カタカナ語など)
  • 繰り返し禁止(同じ言葉はなるべく言い換え)
  • 無駄な敬語禁止
  • 表記の統一
  • こそあど&接続後の連発禁止
  • 体言止めを上手に使う
  • 文末は適宜変える
  • 読点「、」がない文章が理想
  • この10項目が意識すべきことです。

    基本的に禁止事項が多いですね。

    でも、この禁止されていることを文章中から取り除くだけで文章がスッキリするのです。

    特に⑩の「読点「、」がない文章が理想」については、①~⑨を徹底していれば自然と文章がコンパクトになって達成されます。

    全部を一気に意識しながら文章を書くのは難しいので、一つ一つ意識するようにしましょう。

    自然と読点「、」がなくなるようん文章が理想

    シーン別の「言葉ダイエット」を紹介

    シーン別の「言葉ダイエット」を紹介

    ビジネスで文章を扱う場面はたくさんありますね。
    たろう
    ウィル
    今回はその中でも「メール」「企画書」「エントリーシート」での文章術を紹介するぞ。

    ここではシーン別の「言葉ダイエット」方法を紹介。

    基本的には先程書いた「「言葉ダイエット」で意識すること」が前提にありますが、この項目ではそれにプラスαの要素を書いていきます。

    メールでの言葉ダイエットとは

    メールで意識することは以下の通り。

    • 基本的にメール単体で完結するように書く
    • 件名、添付ファイル名はできるだけ短く
    • こまめに改行する
    • 正しい敬語より素早い反応
    • 短期的な情報→本文
    • 長期的な情報→添付ファイル

    これさえ意識していればかなりメールがスッキリします。

    ちょっと分かりにくいのが最後の2つですかね?

    具体的に説明すると、

    確認事項、簡単な質問のようにワンラリーで済むような短期的な情報は本文に書きます。

    一方で、議論内容だったり、提案だったりと、その後もしばらくやりとりするような長期的な情報は添付ファイルにまとめるのです。

    必ずしも相手がメールの隅から隅まで目を通しているわけではありません。

    なので、長期的な情報のような重要事項は添付ファイルにまとめたほうがいいのです。

    長期的または重要事項は添付ファイルにまとめる

    企画書での言葉ダイエットとは

    企画書で意識すべきことは以下の通り。

    • 表記は統一
    • 抽象的な表現は禁止
    • 文字はとにかく大きくする
    • タイトルは本文よりも大きく

    企画書はとにかく見やすさ重視。

    いくらに内容が良くても文章がめちゃくちゃなら通りません。

    内容も大事ですが、まずは文章を洗練しましょう。

    企画書は見やすさ重視。

    エントリーシートでの言葉ダイエットとは

    エントリーシートで意識すべきことは以下の通り。

    • 書くべきは「頑張ったこと」ではなく、「どんな発見をしたか」
    • 素の自分を表現
    • 「志望動機」ではなく、自分との「接点」を書く
    • 重要なのは具体性

    就職活動(転職活動)で重要となるのは面接。

    エントリーシートはあくまでその面接の材料。

    なので、すべてを伝えようとしなくてOKです。

    つまり、面接で質問されやすいように、素の自分を表現しつつ、自分と会社の「接点」を具体的に書くことが重要なのです。

    僕自身も今年就職活動だったので、この言葉ダイエットを意識してエントリーシートを作成しました。

    その結果、ほとんどのエントリーシートが通りました。

    言葉ダイエットのおかげですね。

    エントリーシートは面接の材料という意識を持つ

    「「言葉ダイエット」のやり方を徹底解説」まとめ

    「「言葉ダイエット」のやり方を徹底解説」まとめ

    文章の削り方が明確にわかりました。
    たろう
    ウィル
    ぜひいろんな人に「言葉ダイエット」をしてほしいな。

    まとめ

    • 文章中から余計な言葉を消すのが「言葉ダイエット」
    • 読まれる前提で書くから読みにくい文章になる
    • 自然と読点「、」がなくなるようん文章が理想

    いますぐできるTODOリスト

    • 「言葉ダイエット」を意識してメールを書いてみる
    • 「言葉ダイエット」を買って読んで見る
    • kindle unlimitedの無料体験で「言葉ダイエット」を読んでみる

    この本は「わかりやすい文章」と「わかりにくい文章」の実例がたくさん載っているので、めちゃくちゃ頭に入ってきやすいです。

    文章術の本は種類は豊富ですが、まずは本書から読むのが得策かも。

    文章で悩んでいる人はぜひ買って読んでみてください。

    また買わなくてもkindle unlimitedに加入しても読めます(個人的にはこっちのほうが安上がりでおすすめ)。

    それでは、また。


    -本解説

    © 2021 WiLLBLOG Powered by AFFINGER5