文章術

【書評】パッと書けてすぐに売れる稼ぐ人の「超速」文章術【内容・要約・感想】

2021年6月5日

早く文章が書けるようになりたい。また、お客さんに刺さるようなブログやランディングページを作れるようになりたいな。
悩んでいる人

うぃる
こうした悩みに答えます。

本記事の内容

  1. 5つの文章のコツ
  2. 文章のための5つの心理効果
  3. 「超速文章術」の無料公開と特典について

本記事の執筆者


記事の信頼性

ウィル(@willblog13


年間300冊のペースで本を読むブロガーである私が、「超速文章術」を読んでためになった基本的な文章テクニックについて書いていきます。

本記事では、「超速文章術」を読んでためになった基本的な文章テクニックについて紹介します。

この記事を読めば、今すぐ使える文章テクニックを知ることができ、相手に伝わりやすい文章を書けるようになりますよ。

書籍「パッと書けてすぐに売れる稼ぐ人の「超速」文章術」とは?著者はどんな人?

書籍「パッと書けてすぐに売れる稼ぐ人の「超速」文章術」とは?著者はどんな人?

皆さん、「パッと書けてすぐに売れる稼ぐ人の「超速」文章術」という書籍をご存知でしょうか。

株式会社 studio-K 代表取締役である「中野巧」さん著の本です。

今回は実際に「パッと書けてすぐに売れる稼ぐ人の「超速」文章術」を読んだ自分が、書籍で特にためになった部分の紹介と、この書籍の魅力について解説していきます。

「パッと書けてすぐに売れる稼ぐ人の「超速」文章術」著者紹介

著者紹介

  • 中野巧
  • 共感を科学する「エンパシーデザイン・ラボ」主宰 株式会社 studio-K 代表取締役

「パッと書けてすぐに売れる稼ぐ人の「超速」文章術」書籍紹介

書籍紹介

    • タイトル:稼ぐ人の「超速」文章術
    • 副題:パッと書けてすぐに売れる
    • 構成
    • はじめに
      第1章:知らないと損!?文章が急に上手くなる「超速!文章アップデート法」
      第2章:5パターンの文章が自動で出てくる「超速!SNS文章作成ゲーム」
      第3章:小手先だけど効果絶大!スラスラ読まれるようになる「超速!文章テクニック」
      第4章:ブログ・メルマガの相棒になる「超速!穴埋めテンプレート」
      第5章:1枚のシートを埋めるだけ!共感が結果につながる「超速!共感シート」
      第6章:新しい配信ネタが次々に湧いてくる「超速!寄り添いマップ」
      第7章:売れるランディングページが書ける「超速!究極のLPテンプレート」
      おわりに

「超速文章術」式 5つの文章のコツ

「超速文章術」式 5つの文章のコツ

  1. 主語を「I」から「You」にする
  2. 「?」を乱用しない
  3. 1文は50文字以内
  4. 自己完結すぎる文章は書かない
  5. 説教しない

「超速文章術」で学んだ文章のコツが上記の5つ。
それぞれ簡潔に解説していきます。

主語を「I」から「You」にする

主語を「私」から「あなた」に変えることで、相手に読まれやすく、届きやすい文章になります。

例えば、下記2つの文章でどっちが読みやすいか。

    A:私は今文章のテクニックを教えています。私が文章を教えることによってあなたの文章力を改善させています。
    B:あなたは今文章のテクニックを学んでいます。あなたは私から文章を学ぶことで、より良い文章を書けるようになります。

上記のAもBもいっている内容はほぼ同じですが、主語が違うだけで読み手側の感覚は変わりますよね。

当然文章を受け止めやすいのはB。

このように「読み手の視点」をよく考えて文章を書くようにしましょう。

「?」を乱用しない

文章では「?」を乱用するのは控えましょう。

なぜなら、「?」が乱用されていると文章の根本が曖昧になるからです。

そして、その分読み手に負担をかけてしまいます。

「?」を使うと書き手側は楽に書けるというメリットがありますが、やはり文章は読み手ファーストで考えるのが吉。

なので、「?」の登場回数は最小限にしましょう。

1文は50文字以内

文章を書く時、1文はできるだけ短くしましょう。

なぜなら、句読点や改行のない文章は読み手に負担をかけるからです。

基本は1文1メッセージと考えて、1文50文字以内で収めるようにしましょう。

どうしても長くなる場合は句読点を駆使してできるだけ文章に「一休み」を作る意識をしてみましょう。

自己完結すぎる文章は書かない

すべて自分の理解の中で書いてしまい、自己完結で文章を書いてしまうと、読み手側に「内容について考える」という負担を大きくさせてしまいます。

その負担は書き手と読み手の距離を離してしまうのでよくありません。

なので、相手に余計な負担をかけないよう、客観的に文章を見て、相手のことを想った文章を書くようにしましょう。

説教しない

Twitterやブログでついやってしまうのが「説教」っぽい文章を書いてしまうこと。

ぼくも以前はTwitterやブログに事実だけを淡々と書いてしまい、「説教」っぽい文章になっていました。

しかし、これの打開策があります。

それが「自分の失敗談」

失敗談を盛り込むことで、読み手側もメッセージを受け取りやすくなります。

「超速文章術」式 文章のための5つの心理効果

「超速文章術」式 文章のための5つの心理効果

  1. プライマシー効果(初頭効果)
  2. リーセンシー効果(最新効果/親近効果)
  3. 見出し効果
  4. ツァイガルニック効果
  5. ハロー効果

かなり有名な心理効果もばかりなので、知っているぜ!って人もいるのでは?

もうすでに知っているという人は再確認のために、まだ知らんよって人はかなり重要な心理効果なので、この機会に覚えちゃいましょう。

プライマシー効果(初頭効果)

文章を読む時、最初に覚えた単語や最初に触れた単語など第一印象に大きな影響を受けやすいです。

これを「プライマシー効果(初頭効果)」といいます。

なので、文章の冒頭で結論や要件を端的に伝えることで、この心理効果を使って相手に印象づけることができます。

リーセンシー効果(最新効果/親近効果)

わたしたちは最新の情報(最後に触れた情報)から影響を受けやすいという特性をもっています。

これを「リーセンシー効果」といいます。

これは文章に応用可能で、文章の最後に要件や依頼する内容をまとめてることで、伝えたいことを相手に印象づけることができます。

見出し効果

見出しの効果

  • 情報を最短時間で手に入れることができる
  • 読み手に読むリズムができる
  • 書き手の頭の中が整理される

見出しをしっかりと構築することで読みやすい文章ができあがります。

特にブログは見出しが重要なので、上で挙げた効果を理解しつつ本気で取り組むべきですね。

ツァイガルニック効果

人は完成されたものよりも、未完成のものに興味を惹かれるという心理効果のことです。

つまり、これをブログなどの文章に応用するならば、ところどころ次を読みたくなるような「謎」を散りばめます。

するすることで、読み手も最後までテンポよく読み進めることができます。

ハロー効果

ある対象を評価するとき、目立ちやすい特徴に引きずられて他の特徴の評価が歪められる現象のこと。

例えば、文章において権威がない場合でもある一点を具体的に書いていれば、文章全体としての説得力が増すということです。

なので、日頃から具体的に文章を書く癖を身につけるべきですね。

「超速文章術」は冒頭部分無料公開+様々なテンプレートを配布している

「超速文章術」は冒頭部分無料公開+様々なテンプレートを配布している

さて、文章における初歩的なテクニックと心理効果を学んだところで、実際にブログやランディングページの書き方を学んでいこう・・・

といいたいところですが、正直これに関しては本書を手にとって読んだほうがいいので記事では割愛します。

しかし、「超速文章術」はめちゃくちゃ親切です。その理由がこちら。

  • 冒頭+目次部分+とある1章分を無料公開している
  • Kindle Unlimitedに登録すれば無料で読める
  • ブログ・メルマガ・ランディングページのテンプレートなどの特別付録あり

なので、まず無料公開されている部分を読んで、「この本ためになりそうやん!」ってなったらKindle Unlimitedで実際に読んでみる。

そして、読んだらテンプレートが絶対に欲しくなるので、特別付録を受け取る。

という流れでこの書籍を堪能しつつ勉強していただければと思います。

↓↓↓無料公開部分リンク↓↓↓
【無料公開】超速文章術:はじめに&目次 | エンパシーライティング

↓↓↓Kindle Unlimited無料体験↓↓↓
Kindle Unlimitedの無料体験を始める

「パッと書けてすぐに売れる稼ぐ人の「超速」文章術」のまとめ

「パッと書けてすぐに売れる稼ぐ人の「超速」文章術」のまとめ

  • 文章は読み手を思いやって書く
  • 5つの心理効果はめちゃくちゃ重要なのですべて覚えるべき
  • 「超速文章術」は超良心的で太っ腹

TODOリスト

  • 文章を書く時できるだけ主語を「わたし」から「あなた」に変えてみる
  • 「超速文章術」の無料公開部分を見てみる
  • Kindle Unlimitedの無料体験を始めて、実際に「超速文章術」を読んでみる

いかがでしたか。

本書は文章術の基礎から応用まで図を用いて解説してくれるためめちゃくちゃわかりやすい1冊です。

特に文章術の本を1冊も読んだことがないという方に入門書としておすすめの1冊です。

繰り返しになりますが、まずは無料公開部分を読んでみて、購入orKindle Unlimitedの登録を考えてみてください。
» Kindle Unlimitedの登録方法を利用歴2年以上ユーザーが解説【無料で始められます】

それでは、また。

-文章術