旅行

【BACKPACK STATION】初のタイ・バンコク一人旅はこの宿が正解。

2022年9月14日

宿泊サイトで「BACKPACK STATION(バックパックステーション)」っていう安宿を見つけたけど、実際どうなんだろう。利便性・快適性・安全性など実際に泊まった人の感想を聞きたいな。
悩んでいる人

うぃる
今回はこうした悩みに答えます。

本記事の内容

  1. BACKPACK STATION(バックパックステーション)の基本スペック
  2. BACKPACK STATION(バックパックステーション)の設備
  3. BACKPACK STATION(バックパックステーション)のメリット・デメリット

本記事の執筆者


記事の信頼性

ウィル(@willblog13


2022年8月にタイ・バンコクへ一人旅に行ってきました。
そして、実際にBACKPACK STATION(バックパックステーション)に2日間お世話になりました。
なので、今回は実際にBACKPACK STATION(バックパックステーション)2日間泊まった感想を率直に書いていきます。

ぶっちゃけ初めてのバンコク一人旅で安宿に泊まるのは不安ですよね。

僕も宿泊するまで超不安で、いろんなレビューを見まくってました。

そんな不安を取り除くために、かなり詳細にスペック等をまとめたので、ぜひ参考にしてください。
そして、バンコク一人旅を思い切り楽しんじゃいましょう。

BACKPACK STATION(バックパックステーション)の基本スペック

【BACKPACK STATION】初のタイ・バンコク一人旅はこの宿が正解。

以下が、BACKPACK STATIONの基本スペックです。

BACKPACK STATIONの基本情報

立地24-24/1 Soi Pridi Banomyong 2, Sukhumvit 71Rd,, Phrakanong-Nuang,, Wattana, Bangkok 10260 タイ
アクセスBTSプラカノン駅から500m
BTSオンヌット駅から1.1km
宿泊プランドミトリー、エコノミーダブル、ダブル等
宿泊料金700~800円(ドミトリーの場合)
デポジット100バーツ
チェックイン14:00~21:00
チェックアウト7:00~12:00
主な設備
  • 無料Wi-Fiあり
  • 洗濯機(30バーツ)・乾燥機(無料)あり
  • 共有シャワールームあり
  • ドライヤーあり
  • タオル貸出あり

BACKPACK STATION(バックパックステーション)の設備詳細

多分一番気になっているであろうBACKPACK STATION内の設備について紹介していきます。
生活する上で必要最低限の設備は整っています。

下記では、実際の現地での写真をもとに紹介していくので、ぜひイメージをより鮮明にしてください。

1階:フロント・ロビー

入り口はこんな感じ。屋台に隠れているので、見つけにくい。
ちなみに、21時以降はカードキーを使って入ります。カードキーはチェックイン時に渡されます。

BACKPACK STATION 入り口画像

フロントは簡素な設計。お客に見えない部分は普通にきれい。でもフロントに誰もいないときもあるので、セキュリティはガバガバ。まあバンコクはそんなもんです。

BACKPACK STATION フロントの画像

BACKPACK STATIONの魅力の一つが共有のロビー。机とソファーのセットが4つほどあって、基本ここで夜ご飯食べたり、他の宿泊者がだらだらしています。

【BACKPACK STATION】初のタイ・バンコク一人旅はこの宿が正解。

ロビー・フロントの奥に進むと、靴置き場と2階に進む階段があります。靴は当然のごとく収まりきらないです。修羅場。

BACKPACK STATION 靴だなの画像

さらに奥に行くと、調味料や食器、簡易な電子レンジがあるキッチン?があります。調味料とか食器は自由に使っていいっぽいんですが、さすがに使えなかった、、、。

BACKPACK STATION キッチンの画像
BACKPACK STATION 食器の画像

1階は以上。

2階:共有スペース・PC

机とソファーのセットが置いてあって、1階と同じように自由に使っていい共有スペース。

2階ソファー画像

PCとWi-Fiが置いてあるデスクも。安定したネット環境もBACKPACK STATIONの魅力です。

PCデスク画像

2階はこれだけ。

3階:客室(ドミトリー)

3階に上がると客室があります。ちなみに、僕は今回この3階のドミトリー式の客室に宿泊しました。

BACKPACK STATION 客室扉の画像

中に入ると、こんな感じで仕切られた部屋が並んでいます。

BACKPACK STATION ドミトリー客室の画像

部屋の広さはそこそこ。天井は低め。本当に寝るだけのスペース。

BACKPACK STATION ベッドの画像

枕の上には荷物をしまうボックスもあります。鍵はないので持参は必要。といってもそもそも廊下に荷物を放っている人も多いので、そこまで神経質にならなくてもいいかもとは思っちゃいます。

BACKPACK STATION ボックスの画像

廊下には、洗面所と鏡。たまたま、撮影したときにはたまたまハンドソープが置いてあったけど、ないときもある。気になる人は持参したほうがよき。

BACKPACK STATION 洗面所の画像

4階に上がるところにトイレ。

BACKPACK STATION トイレの画像

シャワーがついている。これでお尻を洗います。そして、基本びちゃびちゃになります。改めて、日本のトイレの素晴らしさに気づきますね。

BACKPACK STATION トイレ・シャワー

トイレットペーパーもついてます。(撮影時はたまたまなくなる直前でした。危ない。)

BACKPACK STATION トイレットペーパーの画像

タイの水回りは基本的にクソ。3階は以上。

4階:客室(個室)

4階は個室客室です。さすがに客室内は入れなかったので、内部がどうなっているかは宿泊サイトを参考にしてください。

BACKPACK STATION 4階客室の画像

当然、トイレ・洗面所もフロアにあります。

BACKPACK STATION 4階洗面所の画像

4階は以上。

5階:共有シャワールーム

5階には共有のシャワールームがあります。入り口はこんな感じ。

BACKPACK STATION シャワールーム入り口画像

シャワールーム内部はこんな感じ。床は別に汚くないですね。あとは出力弱めのシャワーと棚のみ。ちなみに、お湯はちゃんと出ます。シャンプーとかハンドソープはないので、持参で。

BACKPACK STATION シャワー画像
BACKPACK STATION 床画像

シャワールームを出ると、パウダールーム?があります。ドライヤーあり。

BACKPACK STATION ドライヤー画像

5階は以上。

6階:屋上(洗濯スペース)

6階に出ると、ついに屋上です。開放感もあるし、バンコクの街並みを上から見れます。

BACKPACK STATION 屋上画像

なお、屋上は洗濯スペースにもなっています。こんあ感じで洗濯機と乾燥機が置いてあります。ちなみに、僕は真ん中の洗濯機(1回30バーツ)と乾燥機(無料)を利用しました。助かる。

BACKPACK STATION 洗濯機画像

そして、屋根にたくさんかかっていハンガーで服を干します。バンコクはめちゃ暑なので、すぐに乾きます。ただ、スコールも多いので、そこは注意。

BACKPACK STATION ハンガー画像

これで1~6階まで終わり。これがBACKPACK STATIONの全貌です。

BACKPACK STATION(バックパックステーション)の周辺環境

主な周辺環境

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • 現地スーパーマーケット
  • ATM(カシコン銀行など)
  • その他屋台多数

まじで普通に暮らせるレベルで充実しています。
日用品、食事ともに困ることはないかと。

BACKPACK STATION(バックパックステーション)の良かった点

BACKPACK STATION(バックパックステーション)の良かった点

ここからは、僕が実際に宿泊して感じた「BACKPACK STATION」の悪かった点をまとめていきます。
良かった点は以下の通り。

  • ドミトリーとしては比較的清潔である
  • 店員が優しい
  • 十分なネット環境がある
  • 周辺環境の利便性が高い
  • ここでしか味わえない出会いがある

それぞれ解説していきます。

①ドミトリーとしては比較的清潔である

1つ目は衛生面。
やっぱり海外の安宿だと清潔かどうかは気になるところ。

結論、BACKPACK STATIONは他のドミトリーと比べると清潔な方です。

例えば、衛生面で気になると思うのが「シャワールーム、トイレ、ベッド、提供されるタオル」などの水回り系ですかね。
それぞれ利用した感想は以下の通り。

  • シャワールーム→特に不潔だと思う点はなし
  • トイレ→タイの他のトイレと比べると普通以上だと思う
  • ベッド→虫とかはいなかった。変な匂いもしなかった。
  • タオル→ちゃんと洗剤で洗っている匂いはした。

その他にも起床後体が痒くなったりとか、腹を下したりみたいなことはありませんでした。

全体的に「サービスがいい!」とは言い切れませんが、「サービスがクソ」ということもないんですよね。
でもドミトリーならそのレベルは十分合格点。

なので、衛生面等は安心はしてはいいですね。保証はしませんが。

②店員が優しい

続いては「店員が優しい」という点。

店員さんは優しいし、フレンドリーでしたね。

僕がロビーでだらだら朝食食べたら、店員のお姉さんが見たこともない果物をタダでくれました。

BACKPACK STATION リュウガンの画像

ちなみに、果物は「リュウガン」という果物で、タイでは一般的らしいです。タイ語でも聞いたけど、さすがに覚えられなかった・・・。

BACKPACK STATIONは元々日本人の方が経営していたそうで、昔はもっと和気あいあいとした雰囲気だったそうです。
AgodaとかExpediaとかでは、経営者が変わって雰囲気悪くなったみたいな評価もありましたが、僕はそんな印象受けませんでした。
というか、以前がフレンドリー過ぎただけでは?

③十分なネット環境がある

続いての良かった点はネット環境です。

先程の写真でも見せたようにWi-Fi設備があり、共有部だけでなく、客室にもWi-Fiが通っています。
(パスワードは各客室の入り口部にありますよ。)
BACKPACK STATION パスワード画像

やっぱり一人旅はわからないことを調べることが頻発するので、宿泊先でのネット環境はかなり重要。

でも、BACKPACK STATIONなら安心です。

④周辺環境の利便性が高い

先程のマップでも示したように、周辺環境の利便性はかなり高めだと思います。

コンビニもスーパーもあって、少し歩けばすぐにプラカノン駅に乗って中心街に行くこともできます。

さらに言うと、そもそもBACKPACK STATIONはタイで一般的な宿泊地域ではなく、かなり現地民の生活が根付いた地域になっています。

なので、現地民の生活と同じレベルで生活できるのも魅力の一つ。

例えば、BACKPACK STATIONの目の前で売っているチキンは普通にうまいです。

BACKPACK STATION チキン画像

ぜひご賞味あれ。

⑤ここでしか味わえない出会いがある

海外一人旅の醍醐味は普段出会えない人との出会いです。

そして、その出会いのチャンスは宿泊先が鍵を握っています。

僕が考える”面白い人と出会いがある宿”の条件とその理由が以下の通り。

  • 激安宿である→激安宿に宿泊しないといけない”ワケあり”の人がいる
  • 観光客が宿泊するような地域にない→観光が目的ではない”ワケあり”の人がいる
  • ドミトリー宿かつ共有部が充実している→会話が発生しやすい

言われてみると、「たしかにこんな宿泊先に泊まる人はどこか変な人だろうな」と思いますよね。

そして、BACKPACK STATIONにはこの環境がすべて整っているんです。
激安だし、観光地ではないし、共有部神っているし。完璧です。

その結果、僕にもBACKPACK STATIONでバックパッカーの日本人2人とミャンマー人の女の子2人と友達になりました。特に、バックパッカーの日本人2人は千鳥ノブ風にいうと「癖がすごい!」でしたね。

この出会いの話は下記の記事に別途まとめました。
「海外一人旅 ドミトリー宿 出会い」の記事

ちなみに、BACKPACK STATIONの前に泊まった「マッチボックス ホステル」というドミトリー系宿では共有部が微妙だったため、出会いはありませんでした。

BACKPACK STATION(バックパックステーション)の悪かった点

BACKPACK STATION(バックパックステーション)の悪かった点
続いては、僕が実際に宿泊して感じた「BACKPACK STATION」の悪かった点をまとめていきます。
悪かった点は以下の通り。

  • 日本の常識からはズレた外国人がいる
  • 観光地からは少し離れている
  • 店員が夜遅く騒いでいた

それぞれ解説していきます。

①日本の常識からはズレた外国人がいる

気になった1つ目の点は「日本の常識からはズレた外国人がいる」という点です。

当然宿なので、日本人以外の方も宿泊しています。
さらに、先程も説明したとおり、ドミトリーのような安宿に宿泊する人は”ワケあり”の場合が多い。

その結果、日本じゃありえんみたいな感覚の外国人もいます。

例えば、僕が見たもので言えば、自分が泊まっているドミトリーの部屋を電飾で装飾しまくっている外国人。
青いテープライトみたいなもので部屋中を光らせていましたね。
彼からはかなり離れた位置が僕の寝床だったので、実害はありませんでしたが、正直びっくりしましたね。

他にもあります。

友だちになったバックパッカーの日本人から聞いた話では、その友だちが共有部のPCエリアで作業していたところ、インド人が「そこは俺の場所だ。さっさとどけ。」と言って、喧嘩を売ってきたらしいです。
さらに、「俺は元シリコンバレーのエンジニアですごいんだぜ」みたいな嘘か本当かわからない話をされたとのこと。
そんな風に変な絡まれ方もするかもしれませんね・・・。
(ちなみに、その友人とインド人の彼は友だちになったそうです笑)

まあ、こういった日本の常識から逸脱した人に遭遇できるのも海外一人旅の魅力かもしれませんね。

②観光地からは少し離れている

先程のように面白い人との出会いを求めている人にとってはメリットですが、観光が目的の人にとってはアクセス面は不便と思うかもです。

僕も今回は「観光+出会い」を求めてタイに行っていたので、ちょっと不便だなとは感じちゃいました。

観光地やショッピングセンターを回りたいみたいな人はちょっとオススメできないかなと思います。

なお、観光・買い物が目的の人で同程度のドミトリーに泊まりたい人は下記記事の「マッチボックス・ホステル」あたりがオススメ。

マッチボックス・ホステルの記事

③店員が夜遅く騒いでいた

これは僕が宿泊したときだけの話かもしれませんが、一応記しておきます。

BACKPACK STATIONの店員さんは21時には受付終了らしいのですが、その21時過ぎてからロビー共用部の一角を占領して、パーティーをしていました。

大量のチキンやポテトを買い込んでいたり、花束を用意していたりと、誰かの祝い事っぽかったのですが、なかなかのボリュームで騒いでいましたね。

とはいえ、僕もその時間寝ずにバックパッカーの人たちとずっと喋っていたので、睡眠を阻害された的な実害はないんですが、神経質な人は気になっちゃうかもです。

まあ、僕が泊まっているときだけの特別なものだったのかもしれないですが、これが常習化されていたらちょっと嫌ですよね。

初のバンコク一人旅はBACKPACK STATION(バックパックステーション)へ

初のバンコク一人旅はBACKPACK STATION(バックパックステーション)へ

  • BACKPACK STATIONはタイでは超優秀な方のドミトリー宿
  • 充実した共有部+癖のある宿泊者=素晴らしい出会い
  • 現地人と同水準の生活を味わいたい人はぜひ

いかがでしたか。

BACKPACK STATIONは泊まってよかったと心の底から思います。

やっぱり充実した共有部はまじで魅力的。

”何か”を求めてタイに旅行するならば、ここ泊まっておけばその”何か”は見つかるはず。

せっかく日本から離れたのならホテルなどに泊まらず、BACKPACK STATIONへどうぞ。
とりあえずExpediaかAgodaあたりで検索してみるのがおすすめ。

» ExpediaでBACKPACK STATIONについて調べる
» AgodaでBACKPACK STATIONについて調べる

それでは、また。

-旅行
-