【経験談】派遣バイトをおすすめしない理由のうち厳選3選を紹介【大学生向け】

学生向け

派遣バイトに登録しようか迷っている人「派遣バイトに登録してみたいけど、実際のところどうなんだろう。よく底辺の仕事だとか、きついとか聞くからちょっと怖いな。経験者の声を聞いてみたいな。」

こうした疑問に答えます。

本記事の内容

  • 派遣バイトとは?どんな種類があるの?
  • 派遣バイトをおすすめしない理由【デメリット解説】
  • 派遣バイトは人生で一回経験しても良いと思う理由【メリット解説】
  • 派遣バイトの応募から働くまでの流れ
  • 派遣バイトの仕事の流れ
  • まとめ

この記事を書いている僕自身は、大学生1年生の頃、約1年間働いていました。

僕自信も始める前に派遣バイトへの不安があったので、同じ悩みを抱えている皆さんに僕の体験談付きで解説していきます。

派遣バイトとは?どんな種類があるの?

派遣バイトとは?

世間一般であるアルバイトは、企業と直接雇用契約を結びます。
そして、勤務先も雇用主も福利厚生もその企業となります。
一方で、派遣とは、派遣会社に登録する必要があります。
そして、その派遣会社から派遣先企業に就業しに行きます。
この場合は、勤務先は派遣先企業、雇用主と福利厚生は派遣会社となります。
これがアルバイトと派遣の違いです。
つまり、派遣バイトというのはそもそも日本語としておかしいわけですよね。
(今回は、便宜上よく使われる「派遣バイト」という言葉で説明していきます。)

派遣バイトの種類

派遣バイトというと工場での軽作業や引っ越しの手伝いとかが思いつくと思いますが、派遣バイトには非常に多くの種類があります。

派遣バイトの種類

  • 軽作業
  • 飲食店のホールスタッフ
  • 試験監督
  • 交通量調査
  • イベントスタッフ・イベント警備
  • 携帯電話の販売・PR
  • 引越アシスタント
  • 運送トラックの配送助手
  • モニター
  • 什器搬入・組立・解体

派遣バイトをおすすめしない理由【デメリット解説】

デメリット

  • ①スキルが身につかない
  • ②バイト仲間ができにくい
  • ③仕事に対して責任感が生まれない

デメリット①スキルが身につかない

派遣バイトではスキルが身につきません。
個人的には、飲食業や塾講師でも大したスキルは身につきませんが、派遣バイトよりはマシです。
派遣バイトは基本的に単純作業の繰り返し。
例えば、工場での軽作業では、ベルトコンベアーを流れてくる商品をダンボールに詰める繰り返し。
イベント撤去のバイトでは、ひたすらテントを片付けてそれをトラックまで運ぶの繰り返し。
この繰り返し作業が多いため、スキルは身につきませんし(筋力は身につく?)、退屈で辛いです。

デメリット②バイト仲間ができにくい

やはり、毎回同じ人に会うわけではないので、バイト仲間というのはできないです。
なので、新しく友達作りたい、女性との出会いがほしいという方には不向きかなと。

デメリット③仕事に対して責任感が生まれない

派遣バイトは一日だけ入って働けるというのがメリットですが、これがときにデメリットとして働いてしまいます。
それは責任感が生まれない点です。
やはり、一日だけの就業であると、「単発だからサボって怒られても関係ない」などと責任感のない思考になってしまいます。
これは、自分自身のモチベーションにもマイナス効果です。
その一方で、同じ作業をしていた人がいつの間にかバックレていて、自分がその人の分も働かなければならなくなったなど、被害を被る場合も出てきます。
しかし、今挙げたのはごく一部なので、そこまで気にすることはないと思いますが。

派遣バイトは人生で一回経験しても良いと思う理由【メリット解説】


「おい!さっき派遣バイトはおすすめしないって言ってたじゃないか!」
と言われるかもですね。
しかし、僕的には長期で派遣バイトをしたり、派遣バイトを生活の軸にしないほうがいいですよ、ということを主張したいです。
派遣バイトにももちろん、メリット面があります。

メリット

  • ①自分のスケジュールに合わせられる
  • ②仕事の種類が多いため、自分にあった働き方ができる
  • ③視野が広がる、自分の肯定感が上がる

メリット①自分のスケジュールに合わせられる

ここが派遣バイトの最大のメリットですよね。
派遣バイトは種類が豊富ですし、「この日のこの時間帯に入りたい」という希望にあった仕事を見つけられるので、自分の予定を完全にコントロールすることができます。
ただし、注意点は、派遣バイトは毎回就業する場所が異なるので、その都度移動時間等も調べて考慮しなければならないので、予定をぎちぎちに入れるタイプは要注意。

メリット②仕事の種類が多いため、自分に合う業種を選ぶことができる

仕事の種類が豊富なため、自分に合う職を選ぶことができます。
例えば、最初軽作業の仕事をしていたが、ずっと同じ場所に立っているのが苦痛だったため、動きが多いイベントスタッフの仕事に変えるなど、無理せず働くことができます。
また、単発なので、すぐに入れ替えることができますしね。
やはり、ここはシフト制のアルバイトだと叶わないことだと思うので、大きなメリットかなと思います。

メリット③視野が広がる、自分の肯定感が上がる

派遣バイトをするといろんな職業を経験しますし、いろんな人と合うことになるので、自分の視野が広がります。
意外とamazonで頼んだ商品がどのようにダンボールに詰められ、どういった流れで配送されてくるのかなど、
ある意味お金をもらいながら社会科見学をしているようなものですよね。
また、声を上げて言いづらいですが、正直だらしない人や本気で仕事ができない人もいます。そういった人を見ると、俺はまだまだマシな方の人間だなと思い、視野が広がりますし、自分の肯定感が上がります。

派遣バイトの応募から働くまでの流れ

派遣バイトは働くまでのプロセスが簡単です。

流れ(筆者体験談)

  • ①バイト求人サイトで応募
  • ②説明会に行く
  • ③登録(誓約書を書いたり、支払口座などを登録します)
  • ④入りたい日(シフト)を報告
  • ⑤メールで送られてくる仕事を受ける
  • ⑥就業

簡単ですよね。基本的に面接等もないので、気軽に登録できます。

おすすめバイト求人サイトはこちら!

派遣バイトの仕事の流れ

流れ(筆者体験談)

  • ①集合場所到着・点呼
  • ②担当者と現場へ向かう(現地集合の場合も多々あり)
  • ③業務
  • ④業務終了
  • ⑤帰宅

という感じです。
特にめんどうだなということはありません。
強いていうなら、駅の改札前に集合する場合に誰が担当者のなのかわからないことが多い。

まとめ

  • 長期で派遣バイトに入ることはおすすめしない
  • 派遣バイトは様々な種類の仕事があるという点がメリット
  • 派遣バイトすると視野が広がります

基本的におすすめはしませんが、

ちょっと単発で稼ぎたい
暇な夏休みだけ入る

程度なら全然ありだと思います。
また、登録するのは簡単ですし、無料なので、とりあえず登録してみるってのも良い選択だと思います。

それでは、また。