読書術

読書で教養を身につけるべき理由5選【結局、読書が最強です】

最近このブログのおかげで読書習慣が身についてきました!
たろう
ウィル
その調子だぞ!たろうくん!
けど、たまにこれで教養が身につくのかな?って不安になるんです。
たろう
ウィル
そんな心配はご無用!結局教養には読書が最適だからな!
  • 読書で教養が身につくのかな?
  • なぜ読書をすると教養が身につくと言われているのだろう。
  • 読書より効率のいい教養の身につけ方はないのかな?

こうした悩みに答えます。

本記事の内容

  1. そもそも教養とは?
  2. 読書で教養を身につけるべき理由5選
  3. 読書で教養を身につけるときに意識すること

本記事では、読書で教養を身につけるべき理由について紹介します。

この記事を読めば、読書で教養を身につけるべき理由を知ることができ、すぐに読書をしたくなりますよ。

執筆者紹介

ウィル(@willblog13

年間300冊のペースで本を読むブロガーである私が、読書で教養を身につけるべき理由について書いていきます。



読書で教養を身につけるべき理由5選

読書で教養を身につけるべき理由5選

なぜ読書で教養を身につけるべきと言われているんですか?
たろう

ウィル
それは「本」が情報媒体として優秀だからだ!
  • 結晶化した知識が手に入る
  • 時を越えた教養が身につく
  • ジャンルの網羅性が高い
  • コスパが良い
  • 自分の好きなように読み進められる

早速読書で教養を身につけるべき理由を解説していきたいのですが、そもそも「教養」の定義ってなんでしょうか?

そこから簡単に解説していきます。

そもそも「教養」ってなに?

そもそも「教養」ってなんだ?って話です。

よく聞く言葉ですが、意外と定義は曖昧じゃないですか?

実際今回の記事を書くために「教養」の言葉についていろいろ調べたんですけど、その定義はかなり幅広いっぽい。

ということでいくつか抜粋。

  • 教養(きょうよう)とは、個人の人格や学習に結びついた知識や行いのこと。(Wikipediaさん)
  • 教養とは 問題解決能力 である。(横浜市立大学
  • 生きていく上で価値判断の基準となる自分なりのものさしを持っている人のことを教養があることと表現(村上陽一郎氏(国際基督教大学教授))

などなど。

意味は広いですね。

でもなんとなくまとめると、教養とは生きてく上での自分の基盤となる知識や能力って感じですかね。

なんとなく理解してもらったところで、早速「読書で教養を身につけるべき理由」を解説していきましょう。

結晶化した知識が手に入る

読書で教養を身につけるべき理由の1つ目は「読書をすると結晶化した知識が手に入る」からです。

上で述べたように「教養」とは自分の基盤となる知識を指します。

つまり、ぼくたちが得るべきなのは日々ネットニュースやSNSで流れてくる情報ではなく、時代の変化に流されない「知識」なのです。

それを考えると、読書とは「結晶化した知識」を得るのに最適です。

また、書籍はネットの情報・知識より信憑性が高いのもメリット。

結晶化した知識を得て、自分の教養を最大化しましょう。

時を越えた教養が身につく

読書で教養を身につけるべき理由の2つ目は「時を超えた教養が身につく」ということ。

先程の内容とも一部かぶりますが、読書で得られる知識は時を越えてきた信憑性のある知識なのです。

特に、それが感じられるのが「古典」

何十年、何百年と時を越えて読みつがれてきた「古典」は人々の基盤となってきた証拠。

つまり、「古典」を教養と呼ばざる負えないでしょう。

このように本には時空を超えた知識が詰まっています。

これは流動性のあるネットやSNSでは得られないものです。

ジャンルの網羅性が高い

読書で教養を身につけるべき理由の3つ目は「あらゆるジャンルを網羅している」ということです。

本屋に行ってみてください。

自分が探しているジャンルがないということはほとんどないでしょう。

世の中にはありとあらゆる書籍があります。

小説、エッセイ、ビジネス書、実用書、・・・

これらがカバーしていないジャンルはないといっても過言ではないでしょう。

このジャンルの網羅性こそ、教養を身につけるためには必要なのです。

コスパが良い

ちょっと趣旨と外れますが、4つ目の理由は「コスパがいいこと」

教養の身につけ方は人によって様々。

それこそ人によっては美術館に行ってアートを見たりして、教養を身につけるのでは?

しかし、考えてみてください。

どこかの美術館にいって作品を鑑賞するのに何円かかりますか?

それに比べたら、本はたった1000円程度で様々な知識を得ることができるのです。

これほどコスパの良い教養の身につけ方はありません。

自分の好きなように読み進められる

読書で教養を身につけるべきさいごのりゆうは「自分の好きなように読み進められる」こと。

これって意外と重要ですよね。

また先の例を引き合いに出すと、美術館で美術作品を鑑賞するのはほんのいっとき。

それに比べて、本は自分のペースで進められる上に、読み返したり、飛ばしたりすることができるのです。

これほど効率の良い教養の身につけ方はありませんね。

読書で教養を身につけるために意識すべきこと

読書で教養を身につけるために意識すべきこと

読書で教養を身につけるために意識すべきこととかありますか?
たろう

ウィル
そうだな、強いて言うなら「自分の興味のままに突き進め」ってことだな。
  • 自分の興味を最優先する
  • まずは無理せず入門書から
  • 行動や言葉にしてこそ「教養」となる

ここでは読書で教養を身につけるために意識すべきことを解説。

ざっくりまとめると、上記の3点。

それぞれ解説していきます。

自分の興味を最優先する

正直これが最重要。

読書で教養を身につけるぞ!と意気込んで、ついつい自分の興味外のものにも手を出してないですか?

「興味の範囲を広げたほうが教養となるだろう!」と。

しかし、考えてみてください。

興味のない分野の本を読んだところで、内容を覚えられますか?

内容を覚えられないのだとしたら、もちろん教養にもなりません。

つまり、読んでないのと同等なのです。

そこで、強く主張したいのが、無理せず「自分の興味の範囲内」で教養を高めること。

そういう気持ちで読書に取り組んでいると、いつの間にか自分のテリトリーはひrがっているはずです。

まずは無理せず入門書から

引き続きちょっと選書に近い内容です。

先程と似たような話になりますが、「今日から教養を身につけるんだ!」と意気込んでいまうと、ついつい難しめの本を選んでしまいがち。

しかし、これも先程と同様。内容を覚えられますか?

覚えられませんよね。

それは当然教養にはなりません。

なので、まずは無理せず、「自分はビギナーなんだ。本から教養を与えてもらうんだ。」という低い姿勢で本を選んでみましょう。

行動や言葉にしてこそ「教養」となる

ざっくりいうと読書で大事なのはアウトプットということ。

読書はただインプットするだけでは自分の血肉にはなりません。

インプットした後にアウトプットしないとただの「情報」で止まってしまい、「知識」つまり「教養」にはならないのです。

なので、読書をしたら必ず実践したり、言葉にしたりして「情報」を「教養」に変換しましょう。

「読書で教養を身につけるべき理由5選」のまとめ

「読書で教養を身につけるべき理由5選」のまとめ

読書で教養が身につく理由がわかりました!
たろう

ウィル
よし、たろうくん!早速本屋に行ってみよう!

まとめ

  • 結晶化した知識が手に入る
  • 時を越えた教養が身につく
  • ジャンルの網羅性が高い
  • コスパが良い
  • 自分の好きなように読み進められる

今すぐできるTODOリスト

TODOリスト

  • 本屋に行く
  • 自分の今一番興味のあるジャンルの本を買ってみる

いかがでしたか。

今回は読書×教養をテーマに記事を書いてみました。

実際僕自身も読書を始めてから、教養が身につき、人として成長している実感があります。

皆さんもぜひ読書で教養を身につけ、よい読書ライフを!

それでは、また。



-読書術

© 2021 WiLLBLOG Powered by AFFINGER5