読書術

読書の魅力とは、人生が豊かになること【読書を趣味にしたい人必見】

よく読書しろって言われるんですけど、読書よりゲームや動画鑑賞のほうが楽しくないですか?
たろう
ウィル
そんなことはない。読書を趣味にしている人はたくさんいるぞ。
読書の魅力ってなんなんでしょう。
たろう
ウィル
そうだな。端的に言うと「人生が豊かになる」のが魅力だな。
  • 読書をしろと言われるけど、魅力がわからない。
  • 読書を趣味にしている人に共感できない。
  • 読書って他の趣味に比べて大変なイメージがある。

こうした悩みに答えます。

本記事の内容

  1. 読書の魅力について
  2. 読書の始め方
  3. 実は読書後が大事!

本記事では、読書の魅力について紹介します。

この記事を読めば、読書の魅力を知るでき、読書を趣味にしたくなりますよ。

執筆者紹介

ウィル(@willblog13

年間300冊のペースで本を読むブロガーである私が、読書の魅力について書いていきます。



読書の魅力とは、人生が豊かになること

読書の魅力とは、人生が豊かになること

人生が豊かになるとはどういうことなんですか?
たろう

ウィル
OK。もっと細かく説明しよう。

読書の魅力は以下の通り。

  • 知識を広げたり、深めたりすることができる
  • WEBより信憑性が高い情報・知識を得ることができる
  • 場所や時間を問わず楽しめる
  • 読書にはストレス軽減効果がある
  • 人生が豊かになる

それぞれ細かく説明していきます。

知識を広げたり、深めたりすることができる

ウィル
1つ目の読書の魅力は「知識の拡大・深堀り」だ。

ついついここがフィーチャーされてしまい、読書=勉強と言う認識がされがちです。

しかし、読書の魅力は先人の知恵や思考を知ることができる部分でしょう。

特にメリットとして挙げられるのは以下の二つ

  • 安い
  • 短時間

この特徴を持っておきながら、先人の知恵や考えを吸収できるのはコスパが良すぎですね。

例えば、とある講演会を考えてください。

セミナーや講演会はものによっては何千円と料金がかかります。

しかし、読書はたった1000円程度で先人の話を聞けるのです。

しかも、自分の好きな場所・好きな時間・好きなペースでその話を聞けるのです。

このように、先人のお話を聞き、自分の知識を広げたり深めたりすることができるのが読書の魅力の一つでしょう

WEBより信憑性が高い情報・知識を得ることができる。

WEBより信憑性が高い情報・知識を得ることができる。

ウィル
2つ目の読書の魅力は「情報・知識の信憑性」だ。

最近では検索サービスも発達してきて Web で正しい情報を得ることも可能です。

ただし、未だに無数にある情報の中でどの情報が正しいのか、間違ってるのかを判断するのは困難です。

その中で、本は著者名・出版年・発行所などがきちんと期待されているため信憑性は高くなります。

一見検索サービスの方が短時間で情報を得られると思いがちですか、結局どの情報が正しいのかを判断するのにはかなりの時間を要してしまいます。

それに比べ、本はダイレクトで正しい情報を得られるので情報取得の効率も高いです。

場所や時間を問わず楽しめる

場所や時間を問わず楽しめる

ウィル
3つ目の読書の魅力は「いつでもどこでも楽しめる」点だな。

まず、本というのは基本的に手持ちサイズでなので、持ち歩きもしやすく外出先でも楽しめます。

さらに、今ではスマホの中で電子書籍として本を読むことができますしね。

また、会社や学校でゲームをしていたら怒られますが、本を読んでいても何も言われません。
これも一つのメリットでしょう。

読書にはストレス軽減効果がある

読書にはストレス軽減効果がある

ウィル
なんと読書にはストレス軽減の効果もあるぞ。

この事実には、科学的な根拠があります。

以下の通り。

  • 人は悩みの解決方法を知るだけでストレスが軽減される
  • 人は言語情報が脳内に入るとネガティブな感情が静まり、気分も改善される
  • 静かな場所で6分間読書をすればストレスを2/3以上軽減できる

こういった事実が科学的に証明されています。

なので、ストレスを感じたときは読書に没頭してみるのも一つの手です。

ちなみに、上記の根拠は下記の書籍で詳しく記載されています。


読書をすることで人生に豊かにしよう!

このように読書をするだけで様々な効果を得ることができます。

そしてこれらの効果は自分の人生の豊かさに直結するものばかりです。

読書をすることで、「いつでもどこでも」「信頼性の高い」「先人の知識を得て」「自分の人生の解決方法を模索しストレスを軽減できる」のです。

無理に読書しろとはいません。

しかし、読書の魅力も知らずに、いわゆる「読まず嫌い」をしているのはもったいないですね。

早速読書を始めてみましょう!【おすすめの始め方】

早速読書を始めてみましょう!【おすすめの始め方】

だんだん読書したくなってきました!
たろう

ウィル
その調子だ!せっかくだからおすすめの始め方も紹介しよう。

読書の魅力を理解してもらえたでしょうか?

せっかくなので、これから読書を始めたいという方向けにおすすめの読書スタート方法を紹介します。

本を全く読まない人は全体の47%!?日本人の読書事情

ウィル
本を全く読まない人は日本の約5割を占めているんだ!

早速読書の始め方を紹介と言いたいところですが、まずは日本人の読書事情について簡単に紹介します。

文化庁の平成30年の調査によると、下記のことがわかっています。

  • 1ヶ月の間に本を全く読まないと回答した人は全体の47.3%
  • 読書量が以前に比べて減っていると回答した人は全体の67.3%
  • 自分の読書量を増やしたいと思うと回答した人は全体の60.4%

このように読書量は増やしたいけど、結局読書を始められない人が多いというのが日本の現状。

また、この結果を見ると本を読んでいる人でも年々読書量が減っているということがわかりますね。

個人的にはこうした背景の1つとして、読書の魅力を知らないことが挙げられると思います。

ぜひ皆さんには読書を始めて、その魅力を堪能してもらいたいなと思いますね。

文化庁の調査は>>こちら

まずは本屋さんに行ってみましょう

まずは本屋さんに行ってみましょう

ウィル
結局始める方法はシンプルに「本屋に行ってみる」ことだな!

まず、私が言いたいのは本屋さんに行ってみてほしいということです。

今では電子書籍のサービスも向上し、本屋に行かなくても様々な本を探すことはできます。

しかし、本屋と電子書籍の違いは一期一会の出会いがあるかないかです。

本屋に行くと自分が全く興味のない分野でもつい目につく本が現れることがあります。

これは電子書籍のサービスでは体験できないものです。

なので、まずは本屋に行って出会いを求めていましょう。

それだけで自分の世界が広がります。

読書記録をつけるのもおすすめ

読書記録をつけるのもおすすめ

ウィル
読書記録をつけるのもいい一歩目だな。

読書を始めるには読書記録を付けるのもオススメ。

ついつい本は読んだままにしてしまいがち。

ですが、読書記録をつけることで、自分が今までどんな本を読んでどんな感情抱いたのかを振り返ることができます。

その振り返りをするだけでも十分価値のあることなので、ぜひ読書記録つけてみてください!

実は読書は本を読んだ後が大事!

実は読書は本を読んだ後が大事!

本の魅力って読んでいるときだけなんですか?
たろう

ウィル
いや、読書は読んでいる最中以外にも重要なことがあるぞ。

ここでは、「読書は読んだ後が肝心だよ」という内容を簡単に紹介します。

読書の内容定着にはアウトプットが重要

ウィル
せっかく読書をしたなら内容を記憶に定着させたいよな。

そうした場合は、読書の内容をアウトプットするのがおすすめ。

おすすめのアウトプット方法は下記の記事で紹介しています。

読書から得られる効果③:文章力
【読書術】「アウトプット」は本の内容を定着させるために最重要【とにかく実践しましょう】

読書しているのに内容をすぐに忘れてしまうと悩んでいませんか?解決策は「アウトプット」です。本記事の内容はおすすめアウトプット法5選について解説しています。この記事を読めば、読書の内容定着で悩んでいる人も、読書に関する最適なアウトプット法を知ることができますよ。

続きを見る

読書後は読書仲間との交流が楽しい

読書後は読書仲間との交流が楽しい

ウィル
世の中には読書好きがたくさんいるぞ!

読書は読書仲間との交流が楽しいというのも醍醐味です。

やはり、読んだ本を人に紹介するのは楽しいことですし、自身の記憶の定着にもつながります。

この現代で読書仲間を探すというのは、難しいことでありません。

例えば、Twitterやブログ

こういうところでいわゆる「読書垢」というものを持っている人はたくさんいます。

そういった人と気軽につながり、自分の本を紹介するというのは非常に楽しいですよ。

実際僕もTwitterで読んだ本を図解したり内容を紹介したりしています。

Twitterアカウントは>>こちら

読書で趣味や興味の可能性が広がる

読書で趣味や興味の可能性が広がる

ウィル
読書で自分の感性を広げよう!

最後に僕が読書で強調したいのは、「出会い」です。

まずは本の中には今まで自分が触れてこなかった情報や知識というものにあふれています。

そして、それらに触れることで自分の感性が育ち、様々なことに興味や関心が広がるようになります。

また、先ほど紹介したように本屋に行くことでも新たな出会いがあります。

本屋をただぶらぶらするだけでも普段目につかなかったものが目に付いたり、意外なものに興味が引かれたりと自分の感性の可能性を探ることができます。

ぜひ読書で自分の可能性を確かめてみてください!

読書の魅力とは、人生が豊かになることのまとめ

読書の魅力とは、人生が豊かになることのまとめ

読書の魅力理解できました!すぐに本屋行ってきます!
たろう

ウィル
いい調子だ!本はたかだ1000円程度だ。まずは衝動買いしてみよう!

TODOリスト

  • 本屋に行く
  • 気になった本を衝動買いしてみる
  • 本を読む時間を確保する努力をする

いかがでしたか?

本にはたくさんの魅力があります。

もちろん今回紹介したことだけではありません。

これ以上は自分自身で実際に本を読んで読書の魅力を探ってみてほしいと思います。

ぜひ幸せな読書ライフを~。

それでは、また。



-読書術

© 2021 WiLLBLOG Powered by AFFINGER5