節約術

チョコザップとエニタイムフィットネスを比較した結果【明確な違いあり】

2022年10月3日

チョコザップとエニタイムフィットネスどっちがいいんだろう。どっちがコスパよくて自分にあっているのか知りたい。
悩んでいる人

うぃる
今回はこうした悩みに答えます。

本記事の内容

  1. チョコザップとエニタイムフィットネスの比較
  2. 口コミによる両者の比較
  3. 比較からわかる各フィットネスジムがおすすめな人

この記事を書いている僕は、ほぼ毎日チョコザップに通うヘビーユーザー。証拠は下記の通り。

チョコザップ8月の実績

画像:chocozap公式アプリの記録日記より

チョコザップ9月の実績

画像:chocozap公式アプリの記録日記より

そんな僕も入会前に、チョコザップとエニタイムを比較しました。そのときの経験を踏まえて、両者について「料金」「マシン」「設備」「店舗数」で比較していきます。

ぜひ最適なジムを選ぶための検討材料にしてください。

» ジムもセルフエステも24時間使い放題で月額3,278円(税込)のchocozap

チョコザップとエニタイムフィットネスの比較一覧

チョコザップとエニタイムフィットネスを比較した結果【明確な違いあり】

今回は以下の点でチョコザップとエニタイムフィットネスを比較していきます。

  • 料金
  • マシン
  • 設備
  • 店舗数

それぞれ見ていきましょう。

チョコザップとエニタイムを料金で比較

はじめに、料金からです。比較結果が以下の通り。

チョコザップエニタイム
月額料金
(税込)
3,278円7,000円弱~
入会金3,000円5,500円
(セキュリティカード代として)
事務手数料2,000円0円

初期費用となる入会金+事務手数料に関しては、両者互角ぐらいですね。
一方で、差が生まれたのが月額料金。
チョコザップの方が毎月4000円弱安くなってきます。

とはいえ、それはチョコザップはなぜ安いのか?怪しくないの?【安い理由を解説】で解説したように、マシンや設備でコストカットされているから。なので、マシンと設備について比較していきましょう。

チョコザップとエニタイムをマシンで比較

続いてはマシンで比較。結果は下記のとおりです。(フリーウェイト系も含みます)

チョコザップエニタイム
種類数11種類(店舗によって異なります)21種類(店舗によって異なります)
マシンリストショルダープレス(肩)
チェストプレス(胸)
アブドミナル(お腹)
ラットプルダウン(背中)
アームカール(上腕二頭筋)
ディップス(上腕三頭筋等)
レッグプレス(前もも)
アダクション(内もも)
アブダクション(尻)
トレッドミル(ランニング)
エアロバイク(バイク)
ベンチプレス(胸など)
スミスマシン(胸など)
ダンベル&リーディングエッジ(腕など)
ケーブルマシン(胸・背中など)
マシンチェストプレス(胸)
レッグプレス(前もも)
チェストプレス(胸)
ペクトルフライ&リアデルトイド(胸・肩)
トーソローテーション(くびれ)
レッグエクステンション(前もも)
レッグカール(ハムストリング)
ロー(背中)
アブドミナル(腹筋)
ヒップアブダクション(尻)
ケーブルクロス(各部位)
ルームランナー(ランニング)
クロストレーナー(クロスカントリー)
バイク(バイク)
背筋(背中)
腹筋(腹筋)
チンニング(懸垂)

やはりチョコザップよりもエニタイムの方がマシンの種類は多めですね。
さらに、エニタイムはフリーウェイトがあるので、本気で鍛えたい人には向いています。

なお、チョコザップでも十分に全身鍛えることができますよ。詳しくは下記記事にて解説しています。

チョコザップとエニタイムを設備で比較

そして、設備も比較しましょう。結果は下記のとおり。

項目チョコザップエニタイム
シャワールーム
洗面台
トイレ△(店舗による)
更衣室
ロッカー△(鍵なし)◯(鍵あり)
ストレッチスペース
フリーWi-Fi

上記をみると、エニタイムの方が圧倒的に設備はいいですね。
チョコザップの2倍近い料金するだけあります。

エニタイムの設備のために、2倍近い料金を払うか。
少し我慢して、安い料金のチョコザップを使うか。

あなたならどうしますか?

チョコザップとエニタイムを店舗数で比較

最後に、店舗数を比較していきましょう。
なお、チョコザップに関しては2022年6月に始まったばかりのサービスのため、予測値も見ていきます。

  • チョコザップ 124(2022年10月現在)
  • エニタイム 1,034(2022年10月現在)

チョコザップ引用元:エリアから探す | chocozap(ちょこざっぷ)
エニタイム引用元:エニタイムフィットネスとは | 株式会社Fast Fitness Japan

当然エニタイムの方が歴史があるので、店舗数は多いです。
でもチョコザップは今後急激に店舗数を伸ばしていきます。
というのも、2022年9月に行われたRIZAPの中期経営計画説明会にて、今後店舗数を拡大すると明言されたためです。

チョコザップの今後の店舗数拡大
引用:中期経営計画説明会オンライン中継のお知らせ | RIZAP GROUP

あなたの最寄り駅にチョコザップがくるのも遠い話ではないですね。

※入会はこちらから
» 最短10分・月額3,278円(税込)から始めるライフスタイルジムchocozap

口コミからわかるチョコザップとエニタイムフィットネスの違い

口コミからわかるチョコザップとエニタイムフィットネスの違い

ここまではただの事実確認。
ということで、ここからはTwitterの口コミを見て、チョコザップとエニタイムの違いについて生の声を見てみましょう。

Twitterを巡回した結果、以下の2点で違いがあるなと感じました。

  • 利用者層
  • ジムの雰囲気

それぞれ特に気になった声を抜粋します。

チョコザップとエニタイムは「利用者層」が違う

チョコザップはエニタイムより女性向き

チョコザップはエニタイムよりライトユーザー向き

エステや脱毛目当てにチョコザップに通いたい層も

やはりチョコザップはエステや脱毛がある分、女性人気があるような印象です。
(けど、安心してください。チョコザップに男性はどれくらいいる?【女性ばかりではない】でも解説したとおり、男性の人気もあります。)
マシンもそこまでガチ勢向きではないので、筋トレに慣れた人はエニタイムに流れる傾向がありますね。

実は、僕もチョコザップで筋トレになれたらエニタイムに移行しようか計画中・・・。

チョコザップは料金が安い分、気軽に入会退会できるのも魅力の一つかも。百聞は一見にしかずなので、とりあえず入会しちゃうのもありですね。
» 最短10分・月額3,278円(税込)から始めるライフスタイルジムchocozap

チョコザップとエニタイムは「雰囲気」が違う

チョコザップは少し窮屈なイメージ?

チョコザップは無人運営だから黙々とトレーニングする人が多い

エニタイムはガチ勢っぽい人が多めで緊張感あり

エニタイムは店舗によって雰囲気が異なる

まとめると、

  • チョコザップ=静か、少し窮屈、ストイック
  • エニタイム=全体的に緊張感あり、店舗によって雰囲気変わる

って感じですね。

どちらもマイナスっぽい意見ですが、ジムって基本ストイックで緊張感のあるところなので笑

結局チョコザップとエニタイムはどっちがおすすめ?

結局チョコザップとエニタイムはどっちがおすすめ?

「結局のところ、チョコザップとエニタイムはどっちがおすすめなの?」

という質問にお答えします。
エニタイムがおすすめな人、チョコザップがおすすめな人それぞれ解説していきますね。

エニタイムがおすすめな人

エニタイムがおすすめな人

  • 筋トレガチ勢な人
  • フリーウェイトで筋トレをしたい人
  • マシン待ちをしたくない人
  • おしゃれな空間で筋トレをしたい人
  • 筋トレ終わりにシャワーを浴びたい人

ざっとこんな感じですね。
エニタイムの方がチョコザップに比べておしゃれかつモチベーションが高まりやすいかと。

スキマ時間とかではなく、ガッツリ筋トレをがんばりたい人にはエニタイムが最適解になりそうです。
» エニタイムフィットネス 24時間営業のフィットネスジム

チョコザップがおすすめな人

チョコザップがおすすめな人

  • 気軽に筋トレをがんばりたい人
  • 仕事帰りに筋トレをしたい人
  • 少しでも安く筋トレしたい人
  • エステや脱毛もセットでやりたい人
  • 筋トレガチ勢にビビりたくない人

やっぱりチョコザップはライトユーザー向けですね。
チョコザップの魅力はその安さ。
安い分、設備やマシンの数等はエニタイムに負けてしまいますが、安いからこそ筋トレを気軽に考えられるようになるのはかなり魅力だと思います。

僕自身もチョコザップに通うようになってから、ほぼ毎日筋トレ継続できています。

僕のように、今は軽く筋トレの習慣を作って、ハマったらエニタイムとかでガチ勢になろうと考えている人もチョコザップはおすすめ。保証します。
下記から入会ページに飛べます。
» 最短10分・月額3,278円(税込)から始めるライフスタイルジムchocozap

ちなみに、チョコザップの口コミ・評判については下記記事から。


あなたのジム探しの一助になれば幸いです。
それでは、また。

-節約術
-