思考

【読書術】中田敦彦さんの読書術が超合理的だったので紹介します【読書をもっと楽に考えよう】

読書術について知りたい人「読書術っていろいろあるけど、読書家の人たちはどんな読書術を身につけているんだろう。詳しい人に聞いてみたい。」

こうした疑問に答えます。

今回は、現在YouTubeにて活躍しているオリエンタルラジオの中田さんの読書術を紹介したいと思います。

オリエンタル中田さんは現在YouTubeにて「学ぶって楽しい」をコンセプトに様々な教育系動画を出しています。
非常に人気のYouTubeチャンネルで、メインチャンネルの登録者も300万人を超えています。
この中で日々更新されている動画はほとんどが書籍を元に作られているそうです。

そこで、今回はメンタリストDaigoさんとの対談動画で独自の読書術について述べられていたので、そちらをまとめて紹介していきたいと思います。
また、今回は僕自身も10冊以上の「読書術」の本を読んできたので、そちらの情報とも照らし合わせながら読書術をまとめていきます。
なので、情報の信頼性=中田敦彦さんの「読書術」+10冊以上の「読書術」の本です。

参考にした主な本

本記事の内容

  • オリエンタルラジオ中田敦彦さんとは
  • 中田敦彦さんが本を余命になったきっかけ
  • 中田敦彦さん流読書術
  • 中田敦彦さん流アウトプット術
  • 中田敦彦さん流選書術
  • まとめ(中田敦彦さん流読書習慣の作り方)

オリエンタルラジオ中田敦彦さんとは


中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年9月27日 - )さんは、日本のYouTuber、実業家、お笑いタレントです。
お笑いコンビ・オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当をしており、相方は藤森慎吾さん。
ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバーとしても活動しています。

現在はテレビ活動をお休みし、YouTubeの方に注力しています。
メインチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」では、教育系YouTuberとして、歴史や偉人・文学などを紹介し解説する動画を投稿しています。
2020年10月11日に登録者数300万人を突破して、大人気チャンネルとなっています。

この他にもオンラインサロンや他のサブチャンネル(トーク、英語)にも力を入れています。
活動量がすごいですよね・・・。
けれど、現在は週休5日で活動しているらしく、良い制作チームを作っているようですね。

実際僕もほとんどの動画を見るほど、YouTube大学のヘビーユーザーであり、毎日楽しく拝見しています。
それでは、今回は多大な情報量をインプットかつアウトプットする中田さんの読書術をご紹介します。

中田敦彦さんが本を読むようになったきっかけ


上記のメンタリストDaigoさんとの対談動画で述べていたのですが、元々中田さんは本を読む方ではなかったそうです。
では、なぜ本を読むようになったかと言うと、「しゃべるためのネタを探すため」だそうです。

さすが、芸人さんといったところですよね。
やはり、しゃべるのが好きだそうで、その話題の種として読書をするようになったそうです。
そして、今ではその行為がYouTubeに活かされているというわけですね。

中田敦彦さん流読書術

  • 1回読んだだけでは頭に入らないと受け入れる
  • まずは1回通して読んでみる
  • 興味ない、理解できないところは飛ばしてよい
  • 1回目では全体を把握、2回目で面白いなというところだけ熟読
  • 本の全部をもらおうと思わない

中田さんの読書術をまとめるとこのような感じになります。

1回読んだだけでは頭に入らないと受け入れる

これは読書をする上でのマインドです。
中田さんが動画で「僕でも本の内容は1発では頭に入らない」と述べていました。
そこで、中田さんは受験勉強を思い出し、1回読んだだけでは理解できないor理解できなくてよいといった軽い気持ちで読書をするようになったそうです。

このマインドに関しては僕が読んだ読書術の本でもかなり述べられていました。
やはり、「読書=1回読んだら終わり」という考えを持っている人が多く、そのマインドで読書し始めると挫折しやすいと思います。
なので、「読書=何回も読んでようやく理解できる」といったマインドを持つようにしましょう。

まずは1回通して読んでみる
興味ない、理解できないところは飛ばしてよい

ここも先程の項目とかなり似ているのですが、多くの人は1発でこの本を理解しようと意気込んでしまうので、途中で理解できないところがあったら、そこでつまづいて、結局挫折していまうということが多くなってしまいます。
そこで、まずは「1回読んだだけでは頭に入らない」と受け入れ、興味ないところや理解できないところはどんどん飛ばし、まずは1回通して読むことで全体の外観を理解するということを最優先にするべきです。
こちらも多くの読書術の本で述べられていました。

1回目では全体を把握、2回目で面白いなというところだけ熟読

以上をまとめて、1回目では通して読むことで全体を把握し、2回目では1回目の情報を踏まえて面白いなと思うところだけを熟読をすると中田さんは述べていました。
このように複数回にわけて読む+まずは全体把握+気になったところだけ読む(スキニング)に関しては、下記の記事で詳しく説明しています。
»【読書術】本を早く読む方法は「全部読まない」ことです【最強の速読法】
»【読書術】本の内容を忘れないためには、「複数回読み」です【読書1回の時間を短縮しよう】
»【読書術】読書術の本を10冊以上読んだ筆者がおすすめの読書術を5選紹介します【これさえ覚えていれば完璧です】

本の全部をもらおうと思わない

前項の2回目は面白いなと言うところだけ読むという方法は多くの読書術の本で取り上げられています。
この読む場所を取捨選択するのを「スキニング」と言います。
よく初心者が陥りがちなのが、「本の全部を覚えよう」としてしまうこと。

必要なのは投資家マインドであるとメンタリストのDaigoさんも動画内で述べていました。
投資家は「頭としっぽは残せ」という言葉があるように、いいところだけを取るのが重要だそうです。
つまり、欲張りにはなってはいけないということ。これは読書も同じです。

中田敦彦さん流アウトプット術

  • 締め切り効果を使う
  • 軽アウトプットをする
  • 本に書き込みをする

中田さんは動画内で「読書においてアウトプットが最重要である」という旨を話していました。
中田さん流の読書術を上記3つにまとめました。
それぞれ見ていきましょう。

締め切り効果を使う

まず読書において重要なのが、だらだら読まないことです。
その中、中田さんは(ちょっと特殊ですが)YouTubeの現場に観覧のお客さんを入れているため、自然と締め切り効果が働くようになっているそうです。

これを一般の方に置き換えると、SNSやブログで発信をすることでいついつまでに人前に出すといった締切効果を生み出すことができます。
これ以外でも身近なところでは、通勤の電車30分でここからここまで読むぞ!と決めたりすることも非常に有効になっていきます。

軽アウトプットをする

これはかなり中田さん独自の方法になりますが、本を軽く読んだあとの理解が不十分な段階で知人とかに話してみるという方法です。
これのメリットとしては、

  • 自分の理解が足りていないところを把握できること
  • 自分は面白いと思ったところと他の人の面白いところが共通点や相違点を把握

だそうです。

たしかにこれを理解した上でもう一度読み直すのは非常に合理的で効率的です。
なので、ある程度読んだら知人に話してみたり、SNSに感想を投稿してみるのもひとつの手かもしれません。

本に書き込みをする

中田さんはゴリゴリに本に書き込みをするそうです。
特におすすめされていたのが、本を開いた最初の見開き1ページの空白に直メモをするということです。
中にはないものもありますが、大抵の本では見開き1ページに何もない空白のページがあります。

メリットは以下の通り

  • 本の全体像を1ページで理解できる
  • 1ページにまとめるので、自然と情報を厳選できる
  • その本を取り出せればすぐに内容を復習できるので、復習に便利

この方法に関してはどの読書術の本でも述べられていなかったのですが、非常に効率的な方法だと思います。
メンタリストのDaigoさんも非常に感心していました。
このように、本を神聖なものだと思わないで、バンバン書き込みをすることが重要であるということですね。

中田敦彦さん流選書術

  • 書店で探す
  • あまり背伸びしない
  • 自分に合う本を選ぶ

書店で探す

中田さんは書店で探すことが多いそうです。
1,2週間に1回、3時間ほどかけて本を厳選し、まとめ買いするそうです。

中田さんは書店のメリットとして「試し読み放題であること」と述べていました。
たしかにあんなに中身を公開しているお店って書店くらいしかないですよね。

あまり背伸びしない

やはり、書店に行くとみんな「今日から賢者になるぞ」とテンションが上ってしまい、自分に不釣り合いな難しい本を買ってしまいます。
そして、読むのを挫折して積ん読をしてしまい、自分は本読めないんだという負け癖が就いてしまうことが問題であると述べていました。

そこで、中田さんは、できるだけやわらかい本、特にイラストが多かったり、漫画版の本を優先して選ぶそうです。
そうすることで、読み切る癖をつけていくことが重要ということですね。

ときには、難しい本にもチャレンジするそうなのですが、難しく分厚い本はできるだけコンディションがいいときに読むのもおすすめされていました。

自分に合う本を選ぶ

中田さんは自分の好き嫌いで本を選ぶそうです。
例えば、本の表紙も中身もよさそうだけど、作者の顔を気に入らないなと思ったら、読まないといったように本を選んでいるそうです。

中田さんが例として挙げていたのが、「物件探し」。
本を物件として、「外観」「内装」「管理人」などそれらの条件が良い物を選ぶといった感じだそうです。
たしかにそう考えるとわかりやすい・・・。

中田さん曰く、「本選びはわがままでいい。好きな人から話を聞く感じで選ぶ。」これが選書の技術だそうです。

まとめ(中田敦彦さん流読書習慣の作り方)


いかがでしたか。
これまで述べてきたことを実践すれば、読書習慣はかなり身につくと思います。
特に持つべきマインドは以下の3つ。

  • 1回読んだだけでは頭に入らない
  • 本の全部をもらおうと思わない
  • 知っているか知らないかは大きな差

特に最後の「知っているか知らないかは大きな差」は重要だと僕も思います。
やはり、知っていないよりは漫画版だろうがイラスト多めの優しい本であろうが情報が頭に入っているだけですごい差が生じると思います。
なので、中田さんのように読書をもって軽いものととして捉えましょう。

それでは、また。

-思考
-

© 2021 WiLLBLOG Powered by AFFINGER5